カプコン、今期のWiiソフト発売予定なし?IR情報公開で色々明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコン、今期のWiiソフト発売予定なし?IR情報公開で色々明らかに

ゲーム文化 その他



先日のゲームオブザイヤーにもデッドライジングが多数ノミネートされ、日本先行発売されたロストプラネットの評判もただいま絶好調、日本のサードパーティでは次世代戦線でひとり気を吐いている格好のカプコンですが、Xbox360で先行する一方、Wii向けの今期リリースはないようです。投資家向け広報で販売計画が明らかになりました。



新たに発表されたオフィシャルな日本語IR資料は[url=http://ir.capcom.co.jp/data/title.html]こちら[/url]。Xbox360に6本で225万本、PS3に3本で15万本というのもなんだか随分な数に見えますがこの表の見方は少々コツが必要で、2006年10月から2007年3月までのリージョン違いや、廉価版に追加プレス分なども含んだ販売計画であるようです。また恐らくは、ダウンロード専売も含むと思われます。

本数に目が行くとどうしても新たなタイトルに期待したくなるところですが、後たった3ヶ月先までの計画ですのでおそらく未発表の新作というのは間に合わないのではないでしょうか。PS3の1本あたり5万本というのも売れ行きがどうとか言うよりも実質今期の計画に入れていないということで、次世代機に関しては今から3月末までの新作発売はむしろ期待しない方が良いかもしれません。なにかDL専用タイトルはありそうな感じですね。

海外で取り上げられているWii向けタイトルの不在ですが、現在発表されているのはバイオハザード:アンブレラクロニクルズ(仮称)と戦国BASARAシリーズという2本で、未だタイトルすら固まってない状態ですのでこちらは初めから今期の発売はありそうも無かったように思えます。

海外では秋に発売されたPS2の大神もユーザーの[url=http://www.metacritic.com/games/platforms/ps2/okami]評価は極めて良好[/url]で、GCで発売されたバイオハザード4は去年のゲームオブザイヤーを多数受賞しました。次世代機のXbox360でも、当初地味だった新規タイトルのデッドライジングやロストプラネットを積極的な体験版公開、ユーザーの声を聞いた対応でゼロから一躍ミリオンヒットを狙えるゲームに仕上げてきたカプコン。[b]世界基準のゲーム作り[/b]で、今や押され気味だった日本のサードパーティをカプコンが先頭で引っ張っているといっても過言ではありませんが、ここは[b]ぜひWiiはWiiでも[/b]むしろWiiだからこそ、新しいインターフェースを生かしつつもうるさ型のゲームファンを納得させるような、カプコンらしい(ちょっと濃い目の…)新作ゲームを見てみたいですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.maxconsole.net/?mode=news&newsid=13003]MaxConsole[/url])[/size]

関連記事:『Prince of Persia: Rival Swords』、WiiとPSPに新作で登場
《Miu》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. もし『オーバーウォッチ』が格闘ゲームだったら…完成度高めの海外ファンメイド映像!

    もし『オーバーウォッチ』が格闘ゲームだったら…完成度高めの海外ファンメイド映像!

  2. 海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道

    海外プログラマーがスイッチJoy-Conの振動で自身の腫瘍を早期発見ー海外報道

  3. 『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ

    『怖くないホラーゲーム うさぎパズル』やってみたら怖すぎて漏らした…ミニプレイレポ

  4. 認定プロゲーマーは「賞金付きの非公認大会」に出ると処分?新団体に未公表の規約について聞いた

  5. スピルバーグ映画「レディ・プレイヤー1」海外新映像ー『Halo』スパルタンも大量参戦!

  6. 映画「カン・フューリー」続編にシュワルツェネッガー参戦!まさかの大統領役でファスベンダーと共演

  7. 海外『マインクラフト』チームが作った世紀末都市が壮大過ぎる…8ヶ月がかりで築かれた2,000x2,000ブロック

  8. 海外YouTuberカップルの家に武装したファンが侵入、クローゼットに隠れて難を逃れる

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 「日本のやり方はうまくいかない」韓国のe-Sports協会「KeSPA」合同取材で見えた日本のビジネスモデルの穴

アクセスランキングをもっと見る

page top