将来のソフトウェアアップデートで、現在のXbox360ドライブも静音化!? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

将来のソフトウェアアップデートで、現在のXbox360ドライブも静音化!?

ニュース 最新ニュース


昨年末より静かになった新しいDVDドライブで[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=1144]生産されているらしい[/url]Xbox360本体ですが、今度はソフトウェアのアップデートでもまた、これからドライブが静かになるという話が出てきています。現在は開発キット向けのようですが、なんでもこれで大幅に静かになるんだそうで、実現されたら今のユーザーにはなかなか嬉しい話かもしれません。



話題の発端になっているのは[url=http://www.cynamite.de/index.cfm?pid=786&pk=80895]Cynamite[/url]というドイツ語サイトで、元記事の翻訳にも間違いがあるかもしれないようですが、現在は全速力とそれ以外しかないという回転速度を、ソフトウェアからより詳細に制御できるようにするんだとか。現在こちらのアップデートは(このドイツ人ジャーナリストが持つ)デバッグ用本体にだけ適用されているが、いずれ全ての360本体で利用可能になるのではないか?という話です。

まだ技術的な専門家による確認はとれていないそうなのですが、サイトによると2006年の夏にドイツで行われたGames Conventionでも、Microsoftの担当者がドライブのスピードコントロールに取り組んでいると語っていたんだそう。

実際に回転速度を落として静かな状態でプレイする技というのは、昨年末ぐらいから複数枚組のブルードラゴンを利用したり、外付けHD-DVDドライブを利用したりする"[url=http://blog.livedoor.jp/hddvddegogo/archives/50606506.html]裏技[/url]"として一部ユーザーの間では既に試されていました。

後付のためやはりソフトによっても効果が違うようなのですが、その辺の情報を蓄積して今後は公式に利用できるようになるなら、今のユーザーにとってもなかなか嬉しい話ですね。続報に期待しましょう。[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamepro.com/news.cfm?article_id=100688]GamePro[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/michaelcasey/399737053/]Flickr[/url])[/size]

関連記事:噂の静音?Xbox360ドライブの見分け方、歴代3モデル写真比較


関連記事:ただいまDVDドライブが新しくなったXbox360が流通中。夢の超静音!?
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  2. 噂:海外ユーザーが『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版2Dアセット仕様を報告、720p解像度を採用

    噂:海外ユーザーが『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版2Dアセット仕様を報告、720p解像度を採用

  3. 現世代機/VR版『L.A.ノワール』国内発売日が決定!名作クライムスリラーが蘇る

    現世代機/VR版『L.A.ノワール』国内発売日が決定!名作クライムスリラーが蘇る

  4. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  5. SAG-AFTRAのゲーム声優ストライキに合意の見通し―セッション回数によるボーナスやプロジェクトの内容の開示など

  6. アダルト向けアドベンチャー『House Party』がSteamから一時削除―相次ぐ「ポルノ」通報を受け

  7. Ubisoft、『レインボーシックス シージ』のロードアウトリセットに言及

  8. 「2017 Golden Joystick Awards」の投票受付が開始!―ノミネート作品リスト

  9. 全DLC収録『Fallout 4: Game of the Year Edition』発表!海外で9月発売【UPDATE】

  10. ピンボールゲーム最新作『Pinball FX3』発表!―コミュニティーにフォーカス

アクセスランキングをもっと見る

page top