GDC 07: Cliffy Bが『Gears of War』のゲームデザインが生まれるまでを語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 07: Cliffy Bが『Gears of War』のゲームデザインが生まれるまでを語る

ニュース 最新ニュース



[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=1499]GDCアワード[/url]にも輝き、名実共に昨年を代表するゲームとなった[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Gears+of+War&kcatid=]Gears of War[/url]。おなじみリードデザイナーのCliff BleszinskiがGDC 07のセッションでGears of Warのゲームデザインについて語ってくれました。当初次世代エンジンのデモとして衝撃的に公開された頃はFPSだったんだそうで、ゲームの誕生にはやっぱりあの作品の影響も強かったようです。




当初、"カバー"システムのない伝統的なFPSでした。しかし、Cliffの友達が彼に[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=103-10390&kword=Switch]Kill.Switch[/url](国内未発売、北米ナムコ開発の[url=http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20040315/demo0315.htm]こんなゲーム[/url])を見せ、このゲームとResident Evil 4(バイオ4)の後、彼は"Resident Killswitch"タイプのゲームデザインに変更しました。


また、古いアイディアには、さらに"Combat Cash"と呼ばれる現金獲得システム(バイオ4みたいなの?)や、"Morale Meter"(士気ゲージ)という要素がありましたが、アクションゲームにまとめるためになくなったとのこと。

ちなみに、ゲーム中のLocust(イナゴ)は、当初"Geist"(ガイスト、幽霊)と呼ばれていたものの、任天堂がGC向けに同名タイトルのソフトを作っていたので変更されました。

一方で、当初より頑なに守られたこともあります。


・狙いをつけてないときは照準を出さないことなどで、より落ち着いた(メリハリのある)ペースのゲームにする。

・宇宙からのエイリアンじゃないこと。

・ローテクとハイテクが共存するデザイン。

・いくつかのお約束を守りつつも、それ以外の余分をそぎ落とすこと。



Gears of Warは、最初FPSゲームとして始まりUnreal Engine 3のテックデモとして公開されました。その後、キャラクターが何をしているのか見ることができないのはもったいないとして、変更を決断します。つまるところ、Unreal Tournamentとは何か別のことがしたかったのです。


Cliffyの話によれば、あのGears of Warのゲームデザインは、まさしくバイオ4のカメラアングルと、Kill.Switchのコンテクストなカバーモーションの組み合わせを元に誕生したと考えて間違いなさそう。

世界で最初にポリゴンアドベンチャーを確立し、既に複数のシリーズが流行っていた[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Alone_in_the_Dark_(video_game)]Alone in the Dark[/url]クローンのひとつとして、(画期的に思われた)日本ほどパッとしなかったバイオハザードが、過去を捨てて一転FPSの影響が濃いバイオ4に生まれ変わると海外では絶賛されます。すると今度はこれが、当初FPSとして企画されたGears of Warの誕生にとても強い影響を与えることとなりました。

家庭用ゲームだけではなかなか見えてきづらいですが、これまで洋の東西を互いにやり取りしながら発展してきたビデオゲームの歴史を示す、典型的なひとつの例ともいえそうです。
[size=x-small](ソース:[url=http://kotaku.com/gaming/gdc07/gdc07-liveblogging-gears-of-war-w-cliffy-beeee-242619.php]Kotaku: "GDC07: Liveblogging Gears of War w/ Cliffy Beeee"[/url])[/size]

【関連記事】
GDC 07会場にて今年のGame Developers Choice Awardsが発表!
『Gears of War』開発費は$1,000万ドル(12億円)以下と結構安上がり!?
『Gears of War』300万本セールス突破!新DLCダウンロードは75万回をカウント!
メタルギアの小島秀夫氏、今度は『PCゲームを作りたい』

Gears of Warの関連記事をGame*Sparkで検索!
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 現世代機/VR版『L.A.ノワール』国内発売日が決定!名作クライムスリラーが蘇る

    現世代機/VR版『L.A.ノワール』国内発売日が決定!名作クライムスリラーが蘇る

  2. 『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

    『Fortnite』の『PUBG』風バトルロイヤルモードが9月26日より無料配信!

  3. 噂:海外ユーザーが『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版2Dアセット仕様を報告、720p解像度を採用

    噂:海外ユーザーが『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版2Dアセット仕様を報告、720p解像度を採用

  4. 『PUBG』開発元が『Fortnite Battle Royale』の類似性に懸念―さらなる措置も検討

  5. SAG-AFTRAのゲーム声優ストライキに合意の見通し―セッション回数によるボーナスやプロジェクトの内容の開示など

  6. アダルト向けアドベンチャー『House Party』がSteamから一時削除―相次ぐ「ポルノ」通報を受け

  7. 「2017 Golden Joystick Awards」の投票受付が開始!―ノミネート作品リスト

  8. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  9. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

  10. デベロッパーの働きかけによりSteamがオーストラリアドルなど11の通貨に対応か

アクセスランキングをもっと見る

page top