『Team Fortress 2』の新たな詳細が判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Team Fortress 2』の新たな詳細が判明

PC Windows


ドイツのゲーム雑誌「PC Action」に[b]Team Fortress 2[/b]のクラス・マップ・ゲームプレイなどに関する新たな詳細が掲載されたようです。本作を期待しているファンの方には気になる情報ではないでしょうか。以下、掲載された内容の訳です。


[b]■基本[/b]
○"通常の"手榴弾はもう無い。
○Fortress Foreverと違ってテレポーターは健在。弾薬ディスペンサーも同様。
○カスタマイズされた統計システムを搭載。
○Valveは他のゲームのクラスが冗談だと思っている。
○PC、Xbox 360、PS3の対戦は技術的に可能。この特徴を実装するかは最終的にソニーおよびマイクロソフトに左右される。
○ValveはTF2のコミック風のデザインについて、極めて少ない脅迫状を受け取った。
○マルチコアプロセッサーの所有者は、更なる詳細グラフィクスを得る(内容は明らかにされていない)。



[b]■クラス[/b]
○"Scout"は[b]Unreal Tournament[/b]のようにダブルジャンプが可能。
○"Medic"は相手が見える限り遠距離からチームの仲間を回復することが出来る。さらに自分と患者をを10秒間無敵に出来る。
○あらゆるクラスはそれぞれ特徴ある近接武器を持つ。一部ではセカンダリウェポンも異なる。
以下はそのリスト。
・Scout:ショットガン、ピストル、野球バット
・Soldier:ロケットランチャー、ショットガン、シャベル
・Pyro:火炎放射器、ショットガン、ファイヤーアックス(消防用の斧)
・Demo Man:スティッキーボムスリングショット、手榴弾、割れたビン
・Heavy Weapons Guy:マシンガン(ミニガン)、ショットガン、拳
・Engineer:ショットガン、ピストル、レンチ
・Medic:マシンピストル、治療光線、医療用鋸
・Sniper:狙撃ライフル、マシンピストル、クラブ
・Spy:リボルバー、シガーケース(変装用PDA)、ナイフ



[b]■マップとゲームプレイ[/b]
○Wellのリメイク
○ゲームモード"Territorial Control"に対応した完全新作のマップ。マップのどの領域を制圧するかはランダムで決定される。そしてその領域を所有しているチームはディフェンダーとなる。
○Wellのマップ内では電車が走っている。プレイヤーはそれを避けなければならない。
○"Capture The Flag"が"Capture The Documents"に変更。旗の代わりにブリーフケースを敵の陣地から持ち出す。




[size=x-small](ソース: [url=http://www.bluesnews.com/cgi-bin/board.pl?action=viewthread&threadid=76427]Blue's News[/url])[/size]

【関連記事】
『Half-Life 2: Episode Two』『Team Fortress 2』『Portal』最新ショットが公開

Team Fortress 2の関連記事をGame*Sparkで検索!

(c)2006 Valve Corporation. All rights reserved.
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. Amazonが「Twitch Prime」会員向けプレゼント企画を始動、無料でインディーゲームを獲得できる投票イベント

    Amazonが「Twitch Prime」会員向けプレゼント企画を始動、無料でインディーゲームを獲得できる投票イベント

  2. RTS名作リマスター『Age of Empires: Definitive Edition』が国内配信

    RTS名作リマスター『Age of Empires: Definitive Edition』が国内配信

  3. 北欧神話ベースのヴァイキング開拓RTS『Northgard』正式リリース日が決定!

    北欧神話ベースのヴァイキング開拓RTS『Northgard』正式リリース日が決定!

  4. DLsite.com、Steamパブリッシング第1弾『Mavi's Journey』配信開始!第2弾も発表

  5. 『Flight Simulator X』サードパーティーアドオンにマルウェア混入―DRM目的とメーカーは説明

  6. 『レインボーシックス シージ』「Outbreak」寄生虫との戦いが遂に披露―18分ゲームプレイも

  7. 新作バトルロイヤル『Darwin Project』最終オープンベータが近日開始―Twitchにも対応

  8. 『レインボーシックス シージ』ヘレフォード基地が大胆刷新!もはや別モノな初映像

  9. 超絶勘違いニッポンレースゲーム『Nippon Marathon』Steamで早期アクセス配信、日本語対応も予定

  10. 本格中世RPG『Kingdom Come: Deliverance』日本語版の予定はなし―開発元がコメント

アクセスランキングをもっと見る

page top