「暴力のないゲームを作ろう!」パラッパの音楽担当・松浦氏がコメント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「暴力のないゲームを作ろう!」パラッパの音楽担当・松浦氏がコメント

PC Windows

[b]暴力が主体となっているXレート(Z指定)のゲームばかりでは、ゲーム産業は伸びていかない。[/b]PS1で発売された[b]パラッパラッパー[/b]の音楽担当の松浦氏が、こうコメントしました。同時に、祖国日本の音楽ゲームが停滞していることを指摘。将来を憂えています


[b]誰でもプレイ出来るゲームを作ることがゲーム産業で最優先です。Xレートのゲームは成人向きのビデオゲームに合わせてしまうので、産業の成長が望めなくなります。[/b]

松浦氏は、GameSpotのインタビューで、多くなってきているZ指定ゲームについて鋭く指摘。確かに現在、18歳未満禁止のゲームが増えてきていますので、それを危惧しての発言でしょう。

[b]そういった点で注意を必要としているのは任天堂で、ユーザーの意向を広く反映させており、非常にスマートですね。[/b]

また、松浦氏はリズムゲームが米国や欧州、オーストラリアで大流行しているのに、自分の国である日本では停滞してきていることを述べました。その要因として、[b]新しいリズムゲーム概念の不足と、平面ディスプレイ画面の広範囲に渡る使用にある[/b]、としています。このインタビューは、先週末にオーストラリアで行われたGO3カンファレンスにて語られたとのこと。

しかし、[b]Z指定のゲームも面白いものが多いので、すぐさま産業が衰退するなどとは言えないのではないか[/b]と思うのですがどうでしょうか?音ゲーに関しては確かに停滞してる感じが強いですね。新しい構想の音ゲーが欲しいところです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.maxconsole.net/?mode=news&newsid=15591]MaxConsole[/url],[url=http://www.gamespot.com/news/6168482.html?om_act=convert&om_clk=newstop&tag=newstop;title;7]GameSpot[/url])[/size]

【関連記事】
『Crackdown』CES 07ゲームプレイムービー
『お姉チャンバラ VorteX ?忌血を継ぐ者たち?』トレイラー
『Dance Dance Revolution Hottest Party』米国で2007年リリース予定

(C)SCE
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 週末セール情報ひとまとめ『ニーア オートマタ』『DARK SOULS III』『PREY』『バイオ7』『ベヨネッタ』他

    週末セール情報ひとまとめ『ニーア オートマタ』『DARK SOULS III』『PREY』『バイオ7』『ベヨネッタ』他

  2. 『Arma 3』スピンオフの無料FPS『Argo』正式配信開始!―Co-opモードも搭載【UPDATE】

    『Arma 3』スピンオフの無料FPS『Argo』正式配信開始!―Co-opモードも搭載【UPDATE】

  3. 人気ADV『Machinarium』が“Definitive Version”に刷新―Steam版にも日本語追加

    人気ADV『Machinarium』が“Definitive Version”に刷新―Steam版にも日本語追加

  4. 初代『Killing Floor』がHumble Storeで48時間限定無料配布!―FPSセール実施中

  5. 『PUBG』開発元、XB1版以外の可能性を否定せず?―海外報道

  6. 名作RTS外伝『Homeworld: Emergence』GOG配信開始!―『Homeworld: Cataclysm』が名称変更して復活

  7. 『P.T.』風ホラー『Visage』最新映像―この館、何かがいる…

  8. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  9. 『CoD:WWII』Headquarters詳細判明―「最も野心的で革新的な機能」

  10. ゲーム版『13日の金曜日』ジェイソンから逃げまくるゲーム映像

アクセスランキングをもっと見る

page top