“各ハード専用タイトルの開発にフォーカス”THQの新しい戦略とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“各ハード専用タイトルの開発にフォーカス”THQの新しい戦略とは

PC Windows

最近ではカプコンのDevil May Cry 4、ちょっと前には[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Grand+Theft+Auto+IV]GTA IV[/url]や[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=armored+core+4&kcatid=&x=0&y=0]Armored Core 4[/url]など、特定のハード専用だったはずタイトルが次々とマルチプラットフォーム化し、次第にハード間の垣根が低くなって、むしろ専用タイトルの方が珍しい存在に思えてしまう昨今の現行機競争の舞台。そんな中で、この流れに逆らうかのような新しい動きを見せているメーカーがいるようです。


Xbox 360の[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Saints+Row&kcatid=&x=0&y=0]Saints Row[/url]、人気プロレスゲーム[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=WWE&kcatid=&x=0&y=0]WWEシリーズ[/url]にはじまり、昨年から少々元気がないPCプラットフォームでも[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Company+of+Heroes&kcatid=&x=0&y=0]Company of Heroes[/url]や[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Titan+Quest&kcatid=&x=67&y=7]Titan Quest[/url]、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11210&kword=stalker]Stalker: Shadow of Chernobyl[/url]といったヒット作を生み出しているTHQ。彼らは今のマルチプラットフォーム主流なトレンドに強く反発する新しいプランを持っているようです。その計画とは、開発するすべてのゲームソフトを専用タイトルとして一つのハードだけで発売し、各ハードの強みを最大限に生かした形でリリースしていくというもの。

一見すると、一つのタイトルを複数のハードでまとめてリリースするのは、良いマーケティング戦略だと考えられるはずですが、THQはまた違った視点を持っているようです。ここ数年の間に発売された大きなヒット作で、かつ評価が非常に高いタイトル、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=god+of+war&kcatid=&x=0&y=0]God of War[/url]や[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=gears+of+war&kcatid=&x=0&y=0]Gears of War[/url]、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=motorstorm&kcatid=&x=0&y=0]Motorstorm[/url]、あるいは[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Halo+2&kcatid=&x=0&y=0]Halo 2[/url]などが、すべて特定ハードの専用タイトルであることに注目し、作品がマルチプラットフォームになることでクリエイティブな部分が犠牲になってしまうことを懸念しています。

THQのCEOであるBrian Ferrell氏は、GamesIndustry.bizのインタビューで以下のように語っています。

“[i]私はこの問題を単純にとらえているつもりはありません。でも、われわれを含むこれまで多くのパブリッシャーがこう言ったでしょう「よし、ゲーム作って全部のシステムで出そう」と。それは我々が目標にしている戦略ではありません。それぞれのシステムには、それぞれ異なるタイプのゲーマーが存在します。つまり、我々の戦略とは、それぞれのシステムのユーザー向けに分割された異なるコンテンツです。[/i]”


THQのこのプランが、果たして大きなヒット作を生み出す成功につながるのか、他のメーカーにも注目されることになりそうです。ただし、多くのゲーマーにとっては、ゲーム機をすべて持っているわけではないので単純にマルチプラットフォームが歓迎されるケースがあることも確かです。それでも、最近は減少傾向にある(気もしなくない)各ハードのカラーや特性を生かしたオリジナル性の高い専用タイトルは、やっぱり非常に魅力的な存在ですよね。[size=x-small](ソース: [url=http://arstechnica.com/news.ars/post/20070416-thq-turns-their-back-on-ports-embraces-console-specific-development.html]ars technica:THQ turns its back on ports, embraces console-specific development[/url], イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/suki/148603637/]Flickr[/url])[/size]

【関連記事】
『デビル メイ クライ 4』マルチプラットフォーム展開に変更!
『SmackDown vs. Raw 2008』発表。シリーズ最大のマルチプラットフォームに
『Company of Heroes: Opposing Fronts』CoH続編発売を発表

THQが新たな『Conan』を発表。FunconのMMORPGとは別の新作
THQ「しばらくはWiiのソフト開発に専念 PS3は様子見」
海外レビューハイスコア『Titan Quest: Immortal Throne』
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

    『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

  4. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  5. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  6. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  7. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  8. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  9. 『Wolfenstein II: The New Colossus』PC版スペック情報―最低はGTX 770以上に

  10. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

アクセスランキングをもっと見る

page top