全然違ウ!海外版カバーアート『カルノフ』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート『カルノフ』

PC Windows

独特の怪しい作風のゲームを世に送り出していたデーターイースト。その中でも、[b]チェルノブ[/b]、[b]トリオ・ザ・パンチ[/b]と共に「デコ三大奇ゲーム」と呼ばれた[b]カルノフ[/b]のパッケージイラスト比較です。



まずは国内版のパッケージイラストから見てみましょう。


[b]すでに出オチな感も否めない[/b]ですが、アニメのキャラクターのような感じにデフォルメされています。

では次に海外版のパッケージイラストを見てみましょう。


こちらは同じアニメ調でもちょいと古めのMarvelアニメみたいです。海外ではなぜかリアルっぽい絵のパッケージが多いですが、お国柄なのでしょうか?

今回は国内版のパッケージイラストのインパクトが強かったために海外版パッケージイラストが目立ちませんでしたね・・・。そもそも主人公が半裸のハゲマッチョという設定自体がインパクトありすぎです。


【関連記事】
「遊ばなくなったゲームソフトどうしてますか?」投票結果発表
8ビット時代のゲームオーバークロニクル
『Mushroom Men: The Spore War』何だコレは!?のティーザムービー

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. バトルロイヤルゲーム『PUBG』Month 2アップデートのパッチノート公開!―近日配信予定

    バトルロイヤルゲーム『PUBG』Month 2アップデートのパッチノート公開!―近日配信予定

  2. 『PUBG』新型バイク映像―空中制御追加で大回転スタントも!

    『PUBG』新型バイク映像―空中制御追加で大回転スタントも!

  3. 『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

    『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

  4. 名作ACTリメイク『Wonder Boy: The Dragon's Trap』PC版発売日決定!

  5. 『PUBG』追加武器はロシア製狙撃銃「VSS」!治療モーションも

  6. 1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

  7. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  8. Bungie続編『Destiny 2』に「グリモアカード」は非搭載

  9. 『PUBG』新マップ2つの詳細判明―旧ユーゴ領土/砂漠の都市が舞台に

  10. 『マイクラ』風ARPG『Portal Knights』Steam版正式配信!―小島監督も注目

アクセスランキングをもっと見る

page top