全然違ウ!海外カバーアート『餓狼伝説』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外カバーアート『餓狼伝説』

PC Windows

操作は8方向スティックと4つのボタンというインターフェイスで、2D格闘アクションゲーム全盛期を間近に控えた頃に登場した[b]餓狼伝説[/b]。TVアニメにもなり、人気が爆発しました。今回は、やっぱり対照的な国内版と海外版とのパッケージイラストを比較してみます。


早速、国内版のパッケージをご覧頂きましょう。こちらです。


なかなか渋い色遣いとなっていますね。闘う漢(おとこ)達、という雰囲気でカッコイイです。上段からジョー・ヒガシ、テリー・ボガード、アンディ・ボガード。テリーとアンディは兄弟ということは、もうご存じかと思います。それを踏まえつつ・・。

海外版のパッケージは、こちらでございます。


テリーをぶっ飛ばしているアンディ、の図。えー、テリーはアンディの兄貴ですので、少し手加減しても良さそうではあります。それにしても、すさまじい形相のテリーが大変印象的ですね。しかもココは背景を見ると、高い所の様子。赤と黄色の物体はテントでしょうか?眼下に設置されてるようです。するとテリーとアンディは観覧車のゴンドラらしき場所で闘って、挙げ句の果てに弟に叩き落とされた、という構図なのかも。こういうテリーの表情は無理もない?!恐らく海外版を購入するユーザーは「プッ!」と吹き出しながら、レジに持っていったことでしょう・・。

餓狼伝説はこの後、2や3といった続編が制作されていきます。ゲーム性や格闘のシステムが斬新で、ライン移動による攻撃や防御が面白さの醍醐味の1つです。4つのボタンの組み合わせによる技の強弱、体力ゲージが少なくなった時に特殊コマンドで発動する超必殺技など、一発逆転を狙う駆け引きも人気を集める要素となりました。しかし、この逆転を狙うには失敗は命取りで、外してしまうと弱パンチ一発でK.O.となってしまったり、かなりの屈辱を味わう結果になります。ラスボスであるギース・ハワードは、餓狼伝説シリーズの集大成作品にあたる餓狼伝説SPECIALでプレイヤーキャラとして使用可能になり、当て身技を体得しています。これにより、扱いの良いギースは一躍脚光を浴びて使い手のプレイヤーが続出しました。筆者の周囲では当時「当て身投げ?、ハイ、当て身投げ?」というオリジナルフレーズ(?)まで誕生しています。



また、Xbox Live Arcadeで配信予定となっている[b]餓狼伝説SPECIAL(Fatal Fully Special)[/b]ですが、[url=http://www.gamespot.com/xbox360/action/garoudensetsuspecial/news.html?sid=6171601&om_act=convert&om_clk=newlyadded&tag=newlyadded;title;1]先日米国のESRB評価をT(Teen)として通過[/url]しており、配信の目処が立ったようです。詳しい日程は発表されていませんが、もうちょっと待つことにしましょう。
[size=x-small](イメージ: [url=http://www.mobygames.com/game/fatal-fury/cover-art/gameCoverId,48909/]MobyGames[/url])[/size]

【関連記事】
100メガショック!NeoGeoタイトルは、今夏バーチャルコンソールに登場
突如?『The King of Fighters Maximum Impact 2.5』がAmazonで予約受付中
バーチャルコンソール:NEO-GEOやMSXのタイトルも新規参入

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧

(C)SNKプレイモア
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』が2200万セールス突破!勢いは止まらない

    『PUBG』が2200万セールス突破!勢いは止まらない

  2. チーム対戦型ストラテジー『Total War: ARENA』オープンウィーク開催!

    チーム対戦型ストラテジー『Total War: ARENA』オープンウィーク開催!

  3. タワーディフェンスFPS『Sanctum 2』Steam版、Humbleストアにて期間限定無料配信中!

    タワーディフェンスFPS『Sanctum 2』Steam版、Humbleストアにて期間限定無料配信中!

  4. SWAT戦術RTS『Door Kickers』オンラインCo-op実装!協力ミッション攻略が可能に

  5. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  6. 『Warface』の「バトルロイヤルモード」実装アップデートが配信!―新武器なども追加

  7. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  8. 開発期間約8年の『SpyParty』が近日Steam早期アクセス!―スパイとスナイパーによる1vs1

  9. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  10. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top