シムシティー本編も久々に復活…舞台はもちろんPC!『SimCity Societies』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

シムシティー本編も久々に復活…舞台はもちろんPC!『SimCity Societies』

PC Windows

[size=x-small]画面は前作SimCity 4より。今となっては、シムでこんなグラフィックも当たり前?[/size]


国内向けに先行発売されたDS版で戻ってきたファンも多そうな、Will Wrightの代表作シムシティー。ここ最近はすっかりシムズシリーズの方が目立ってましたが、箱庭シミュレーションの元祖にも数年ぶりに続編が登場するようです。対応ハードはもちろんPC!根強いファンを持つ箱庭シミュレーションに、久々の大物が登場へ…



ソース先ではSimCity 5という名前も使われていますが、海外ショップのGameStopでは既にその名も[url=http://www.gamestop.com/product.asp?cookie%5Ftest=1&product%5Fid=647063]SimCity Societies[/url]の名前で、フライング気味になぜか予約受付中。どうやら思ったより早く、今年の年末には発売を期待できるのかも。

この辺公式にはまだ何も明らかになっておらず、具体的な詳細は今月これから発売される海外誌Games for Windows Magazineに掲載されるという予告のみ。まて、次号?

うーん、それにしても…ソサエティ!今、こんな名前が出てくると色々想像してしまいますが、なにやら次回作ではその社会性が重要なキーになりそう。これまでは人よりも街が主役のシムシティーでしたが、海外では歴史的な大ヒットとなったThe Sims以降のゲームでもあり、もう少しミクロなスケールで住人達が主人公に…!?

前作SimCity 4の時は発売当初、箱庭を展開するのに大容量メモリ必須、CPUの負荷もGPUの負荷もやたらと高いヘビー級なゲームとして[url=http://hotwired.goo.ne.jp/news/20030217203.html]有名だったりもした[/url]のですが、そこは日進月歩なPCの世界。あれから5年近くたっての新作ともなり、今時の高性能マシンをフルに生かせそうなPCでまた本編が出てくれるのは、箱庭シムファンにとってうれしい知らせとなりそうです。…まて、次号!
[size=x-small](ソース: [url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=165262]CVG: "EA resurrects SimCity"[/url])[/size]

【関連記事】
『The Sims 2』に新しい拡張パックが登場
シム観察ゲーム『ザ・シムズ』が映画化!?
“創世紀1701”をDSで。『Anno 1701: Dawn of Discovery』トレイラー
まさしく"Sim Universe"…『Spore』GDC 07にて最新プレイムービーが公開
《Miu》

PC アクセスランキング

  1. 「I Wanna Be the Guy」作者の次なる挑戦状!『Brave Earth: Prologue』ハンズオンプレビュー

    「I Wanna Be the Guy」作者の次なる挑戦状!『Brave Earth: Prologue』ハンズオンプレビュー

  2. 週末セール情報ひとまとめ『ニーア オートマタ』『DARK SOULS III』『PREY』『バイオ7』『ベヨネッタ』他

    週末セール情報ひとまとめ『ニーア オートマタ』『DARK SOULS III』『PREY』『バイオ7』『ベヨネッタ』他

  3. 『PUBG』開発元、XB1版以外の可能性を否定せず?―海外報道

    『PUBG』開発元、XB1版以外の可能性を否定せず?―海外報道

  4. 『Arma 3』スピンオフの無料FPS『Argo』正式配信開始!―Co-opモードも搭載【UPDATE】

  5. ゲーム版『13日の金曜日』ジェイソンから逃げまくるゲーム映像

  6. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  7. 人気ADV『Machinarium』が“Definitive Version”に刷新―Steam版にも日本語追加

  8. 名作RTS外伝『Homeworld: Emergence』GOG配信開始!―『Homeworld: Cataclysm』が名称変更して復活

  9. 『PUBG』に「キルアシスト」導入か―トドメはアシスト扱いに

  10. 『CoD:WWII』Headquarters詳細判明―「最も野心的で革新的な機能」

アクセスランキングをもっと見る

page top