全然違ウ!海外カバーアート『ドラゴンクエストモンスターズ』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外カバーアート『ドラゴンクエストモンスターズ』

PC Windows

日本産RPGの代表格となり、非常に根強い人気を誇る[b]ドラゴンクエスト[/b]。FC版でのデビュー以来、続編も次々に制作され、その度にファンを増やしてきました。今回はその外伝第1弾にあたる[b]ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド[/b]のパッケージを見てみる事にします。


では、国内版から。ゲームボーイカラーがデビュー作です。



鳥山明氏のキャラクターがとても印象的です。ドラクエと言えば鳥山氏、という方程式が確立して久しいのですが、この外伝であるモンスターズにも定着した感があります。明るいデザインも好感が持てますね。

そして海外版のものはこちら・・。



ぐお!なんと3Dなデザインに大幅変更されています。中央に居るのは主人公のテリーみたいですが、国内版とはえらい違いが・・。国内版イラストに無理矢理似せようとしたのか、顔だけがやけに小太りなテリーになっております。モンスターも2種類くらい判別出来るものの(ドラキーなど)、あとのモンスターは原型を留めておりません・・。しかもタイトルは[b]Dragon Warrior Monsters[/b]!後付けなタイトルがナイスです。

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドは、1998年に発売されました。ゲームシステムはほぼポケモンと似通っており、主人公がモンスターを仲間にしながら、敵モンスターと戦わせるというもの。主人公も簡単な攻撃は出来ますが、それ以外は仲間のモンスターの補助をしたりするのが、スタンダードなプレイ方法となっています。エンディングを迎えても、引き続きモンスター図鑑を完成させるために冒険出来たり、仲間モンスターをもっと強くしたりできる、やりこみ要素も十分な内容です。現在は携帯ゲーム機、携帯電話ゲームアプリとしても制作されており、人気の高さが伺えます。NDS版ドラクエも既に発表されていますが、モンスターズシリーズの更なる続編も気になるところですね。
[size=x-small](イメージ: [url=http://www.mobygames.com/game/gameboy-color/dragon-warrior-monsters/cover-art/gameCoverId,14269/]MobyGamesサイト名[/url])[/size]

【関連記事】
『ドラゴンクエスト9』のゲームプレイトレイラーが公開に
DSでの発売が決定した『ドラゴンクエスト9』、カートリッジは2枚組み?
ニンテンドーWi-Fiコネクションは500万ユーザー突破!最近の人気タイトルは?

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧

(C)Square Enix All Rights Reserved.
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

    クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  2. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

    Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  3. ヘヴィメタルなアクションADV『Brutal Legend』が期間限定無料配布!

    ヘヴィメタルなアクションADV『Brutal Legend』が期間限定無料配布!

  4. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

  5. 食材はモンスター!料理の鉄人風アクションADV『Battle Chef Brigade』配信開始―パズルの隠し味も?

  6. 『Neverwinter Nights: Enhanced Edition』発表!―高解像度対応・後方互換性も

  7. SCP財団テイストな狂気のSF経営シム『Lobotomy Corporation』日本語版が配信スタート

  8. ハクスラARPG『Titan Quest』10年振りの新拡張パック「Ragnarok」配信開始!

  9. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  10. 『QWOP』開発者の新作『Getting Over It』が10月に登場!―釜に入った男がハンマーで山越え

アクセスランキングをもっと見る

page top