これがWiiWare!『PLATTCHEN』など、気になる出来栄えは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

これがWiiWare!『PLATTCHEN』など、気になる出来栄えは?

以前ご紹介した完全新作ゲームを配信するサービスWiiWare。今回はそのファーストタイトルとなりそうなPLATTCHENと、もひとつImpossible Missionをご紹介。まだまだ軌道に乗るのは先のようですが、新感覚のゲームも期待できそう。

家庭用ゲーム Wii
「いとしいしと……」どこかの国のコマーシャル?


Wiiのダウンロードゲームサービスと言えば、バーチャルコンソール(VC)です。これは過去の名作を配信する、いわばレトロゲーム集みたいなものです。一方、以前ご紹介したWiiWareは完全新作を配信するサービスで、この2つが明確に分けられているあたり、他のプラットフォームとはちょっと違うかもしれませんね。

ダウンロードゲームは、開発費が比較的抑えられアイデアで勝負できるため中小デベロッパーにも可能性が広がる市場。ここでさっそく名乗りを上げたのが[b]PLATTCHEN twist ’n’ paint[/b]でした。今回は初のWiiWareタイトルとなりそうなPLATTCHENの初出画像をご紹介しましょう。




内容はさっぱりわかりませんがもしこれがインゲーム画像だとしたらかなりキレイ。既存の任天堂カラーとは少し違うも感じもして遊びの幅が広がりそう。「カジュアルゲーマー、任天堂ファンを魅きつけるとっつきやすく刺激的なゲーム」とは開発のBplusの言葉。いつ配信かは変わらず未定ですが、新感覚のゲームが期待できそうですね。



もうひとつ、[b]Impossible Mission[/b]をご紹介。これはまだWiiWareタイトルか定かではないようです。「話によれば”WiiWare」というまだあいまいなこのゲーム。8月31日には欧州、オーストラリアでリリースされるというのですが……。

2008年にも日本で始まる予定のWiiWare、タイトルラインナップとともに、これらがどのくらいの容量なのかも気になるところですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://aussie-nintendo.com/?v=news&p=15873]Aussie-Nintendo[/url], [url=http://www.nintendowiifanboy.com/2007/08/06/impossible-mission-screens-are-evidence-of-actual-wii-ware/]Wii Fanboy[/url]) (イメージ: [url=http://suguz-x.blogspot.com/2007/06/wiiware-la-nueva-generacion.html]Sugez[/url])[/size]

【関連記事】
WiiWare専用タイトルが早くもアナウンス『Plattchen: Twist ‘n’ Paint』
その名も『WiiWare』!新作ゲームのダウンロードサービスがついに発表へ
いよいよ開始!Wiiにも新作ダウンロードゲームが登場…開発者が明らかに

(C)2007 Bplus. at




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

    PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

  2. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

    『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  5. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  6. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  7. 『モンスターワールド』西澤龍一氏新作『モンスターボーイ 呪われた王国』日本語版が出展!【TGS2018】

  8. 手描きアニメアクションADV『フォーゴットン・アン』に骨太RPG『ヴァンブレイス:コールドソウル』の2本立て、コーラス・ワールドワイドブースレポ!【TGS 2018】

  9. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  10. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

アクセスランキングをもっと見る

page top