『Halo 3』Forgeモードについての説明が掲載、あまりにも多機能! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Halo 3』Forgeモードについての説明が掲載、あまりにも多機能!

家庭用ゲーム Xbox360

TGS 2007でも大きく発表され、早くも人だかりが出来ているHalo 3。今作の一番の特徴とも言えるForge(創作)モードについての説明が、かなり詳しく書かれていましたのでご紹介します。ユーザー自らがマップなどをエディット出来ますが、Halo 3の世界を壊すようなことは出来ないそうです。


全体的に長いものですが、重要な事も書かれています(長いので抜粋しています)。


Forgeはマップエディタと呼ばれるものです。しかし、それは広い意味を持っているものです。

以下の4つのことがForgeでは出来ません。

・ジオメトリ(キャラクターモデルデータなど)の作成・変更。

・テクスチャーの作成・変更。

・主要オブジェクト(基地など)の作成・変更。

・シングルプレイ用では使えない。

Forgeでは、プレイヤーがHalo 3のゲーム内で使える武器、装備、オブジェクト、車両、再生ポイント、転送装置、ツール類とその他のアイテムを追加・削除・修正することができます。モニターモードを使ってマップを歩きながらリアルタイムに修正していくことが可能です。

Forgeのモニター操作は、シンプルで明快です。

・十字キーを押すと、プレイヤー(Spartan)からモニターモードに切り替わります。小さな球体が、あなたのモニター役になります。

・右スティックは、選択されたアイテムを回転させたりロックするのに使用されます。左スティックは、選択されたアイテムを移動したり回転させるのに使用されます。

・右トリガーを押すと、あなたの操作が速くなります。これは選択されたアイテムの回転を抑制するときにも使用できます。

・左バンパー(LBボタン)はユーザーを下に動かし、右バンパー(RBボタン)はユーザーを上に動かします。

・Yボタンはアイテムを削除します。Bボタンはアイテムを置いて抑制します。Aボタンはアイテムを拾ったり置いたりすることができます。

・Xボタンはユーザーのオブジェクトセッティング(再生レートと対戦の開始に出現するのに関係なく)を変更することができます(対称、または非対称のゲーム、シングルまたはマルチフラッグのCTFなど)。

マルチプレイヤーマップと、すべてのマルチプレイヤーモードで利用できる作品を、Forgeで作ることができます。このようにForgeによる修正は、Slayer、Team Slayer、Virus、その他のルールなども適用できます。

Forgeはマルチプレイヤーゲームとオブジェクトエディタです。それと同時に、8人のプレイヤーが分割画面、システムリンク、Xbox Liveを通じて作成に関与することが可能です。マップをモニターで修正した後、(十字パッドを押すことで)ゲームの中に「飛び込む」ことができ、テストを変更したり、そして変更を元に戻したり、あらゆる変更をすることがモニターモードで可能になります。すべてのユーザーは、マップの変更などを同時に行うことができます。


これらの説明は、海外雑誌や海外情報サイトで集められたForgeに関するものをまとめたものとなっていますが、かなりの高機能を搭載したモードであることは間違いありません。上記の以外にも、マルチプレイヤーのルール(再生までの時間や、弾丸数など)の変更、走る速度や重力の数値変更(ジャンプ力に関わるもの)、ユーザーがパワーアップアイテムをカスタマイズできる、Forgeで作ったマップのプレイをフィルムセーブできる、などなど。とにかく「既存のモデルデータを差し替えや新規作成不可能」な代わりに、Forgeでできることは、あまりにも盛り沢山と言えます。シングルプレイや収録マップを使ったマルチプレイに飽きたら、是非Forgeで無限大の遊びを楽しみましょう!日本版Halo 3は9月27日発売予定。店頭に並ぶまで、一週間を切りました!
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamersyde.com/forum_8_22095_1_en.html]GAMERSYDE[/url])[/size]

【関連記事】
『Halo 3』Legendary Editionが米国で在庫アリ?発売週には売り切れ確実
Believe…『Halo 3』予算10億円?アンビリーバブルなキャンペーンCM
『Halo 3』オンライン最大4人によるキャンペーンCo-opプレイが可能に!

Halo 3の関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Bungie, (C)Microsoft Games Studios All Rights Reserved.
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【TGS2017】日本語吹替えも絶賛?『シャドウ・オブ・ウォー』ミニインタビュー

    【TGS2017】日本語吹替えも絶賛?『シャドウ・オブ・ウォー』ミニインタビュー

  2. スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

    スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

  3. 【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に

    【TGS2017】韓国Quattro Gearはゴシック風味な美少女RPG『本と魔女とカラスの森』など3本展示、いずれも日本最速販売に

  4. 【TGS2017】美麗ドット絵だけじゃない、ユニークなアクションタワーディフェンス『Aegis Defenders』

  5. 【TGS2017】ゲームで第二次大戦の悲劇語り継ぐ―『CoD: WWII』メディアセッションレポ

  6. 【TGS2017】10分でも5時間でも楽しめるゲームに…『Destiny 2』開発者によるメディアセッションレポ

  7. 【TGS2017】PS4/PCオンライン宇宙戦艦ゲーム『Fringe Wars』セッションレポ―戦艦同士の多人数バトルが熱い

  8. 『Halo』シリーズのXbox 360向け4作品がXbox One下位互換機能に一挙対応!

  9. 『モンスターハンター:ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

  10. 期待作『レッド・デッド・リデンプション 2』の新情報が近日公開か!―Rockstarが気になる予告

アクセスランキングをもっと見る

page top