新要素で磨きがかかる『Neverwinter Nights 2: Mask of the Betrayer』プレビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新要素で磨きがかかる『Neverwinter Nights 2: Mask of the Betrayer』プレビュー

PC Windows

RPGの老舗クリエイターBioWareから、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-10831]KotOR II[/url]などを手掛けたObsidian Entertainmentにバトンタッチして昨年秋に発売されたWindows PC用人気RPGシリーズの続編、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11271]Neverwinter Nights 2[/url]。その第一弾となるエキスパンションパック[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=31&kindid=105&itemid=101-11703]Mask of the Betrayer[/url](以下MotB)が遂に来週北米で発売になります。昨日IGNで配信された最新トレイラーを交えて、公式サイトや海外メディアで紹介されているMotBの追加要素をリストにまとめました。

***** ***** *****




■MotBのストーリー
Mask of the Betrayerでは、本編Neverwinter Nights 2のイベントの直後から繋がるストーリーが描かれる。どうしてそこにいるのか記憶がないまま、主人公達がとある洞窟の中で目覚めるところからゲームがスタート。メインキャンペーンはKingdom of ThayとRashemenを中心に進行し、ThayのThe Red Wizardsがキャンペーンストーリーのけん引役になる。シングルキャンペーンのプレイ時間は25時間程度に。

また、主人公はゲーム開始時から呪いにかかっており、自らが生き延びるために殺した敵から得られるSpiritを吸収し続けていなければならない。Spiritsは麻薬のように作用し、多くを吸収すれば新しい強力な能力を手に入れることができる反面、さらにたくさんのSpiritが要求される。

■本編NWN2からのキャラクター引継ぎ
MotBのキャンペーンでは、プレイヤーキャラクターがLevel 18の状態でスタート。本編Neverwinter Nights 2からのキャラクターデータをインポートすることもできる(Level 18未満の場合は、自動で18に調整できるオプションもあるとのこと)。



■二つの新しいカメラ視点とコントロール
マウスとキーボードでキャラクターを操作し、WoWやLotROなどのMMORPGスタイルを踏襲した肩越しカメラ視点と、シフトクリックやマウスをドラッグしたボックスでキャラクターをユニットとして選択・指令ができるRTSスタイルのオーバートップ視点。

■新登場のモンスター
  • Tree Ents

  • Shambling Mounds

  • Blue Dragon

  • Bronze Dragon

  • Fell Troll

  • Hagspawn

  • Night Hag

  • Solar

  • Wyvern


  • ■新しいプレイヤー種族

  • Planetouched: Genasi [size=x-small]※人間と四大元素のハーフブリード。Earth、Fire、Air、Waterの四タイプが存在し、それぞれが異なるステータスボーナス値とスペシャルアビリティーを持つ[/size]

  • Wood Elves

  • Half Drows


  • [size=x-small][b]Planetouched: Genasiのアートワーク[/b][/size]


    ■新しいベースクラス
  • Favored Soul [size=x-small]※Sorcererと同じ形式でSpellを使用するClericタイプのクラス[/size]

  • Spirit Shaman [size=x-small]※Sorcererと同じ形式でSpellを使用するDruidタイプのクラス[/size]


  • ■新しいPrestiegeクラス
  • Arcane Scholar of Candlekeep [size=x-small]※MotBだけに登場するオリジナルクラス。Metamagic Featの使用に特化している[/size]

  • Invisible Blade [size=x-small]※Rogueタイプのクラス。Sneak Attackのダメージを特殊効果に変換する[/size]

  • Red Wizard of Thay [size=x-small]※WizardよりもさらにSpellの使用に特化したキャスタータイプ[/size]

  • Sacred Fist [size=x-small]※Divine Spellを使用するMonkタイプのクラス[/size]

  • Stormlord [size=x-small]※自然の力や天候を操るクラス[/size]




  • ■レベルキャップの上昇と新しい能力
    MotBでは、キャラクターのレベルキャップが20から30に引き上げられ、Epic Levelのキャラクター育成が楽しめる。また、新クラスに用意されたものも含め約50種類の新しいFeatが追加(新Spellも合わせると100種類以上)。敵を一定時間ニワトリに変えてしまうEpic Spellや、近接戦闘クラスが敵の体力を吸収できるユニークなアビリティーなどが用意されている。

    ***** ***** *****


    上記以外にも、まだ明らかになっていない追加要素や変更点がたくさん用意されているようです。本編Neverwinter Nights 2は発売からおよそ一年が経過しており、回を重ねるパッチのリリースによって成熟しつつあると言えます。今回発売される拡張パックによって、シリーズとしてもより磨きがかかることは間違いありません。

    MotBはD&Dのルールに遊びなれた上級者向けの作品などと言われているようですが、本編を既にクリアしてしまった方も、まだ未体験の方も、今からNeverwinter Nights 2をはじめからプレイして、来る拡張パックに備えてしまうなんて楽しみ方もありそうです。[size=x-small](ソース: [url=http://pc.ign.com/articles/821/821071p1.html]IGN[/url], [url=http://www.atari.com/nwn2/motb/US/index.html]NWN2 Mask of the Betrayer Official Website[/url])[/size]

    【関連記事】
    RPGファン待望『Neverwinter Nights 2』の第一弾拡張パックが発表!
    海外レビューハイスコア『Neverwinter Nights 2』
    『Knights of the Old Republic』のMMO RPGが開発中?
    DX10に完全対応 BioWareの大作RPG『Dragon Age』
    次世代機用『エイリアン』の新作RPGはやっぱりObsidianが担当

    Copyright © MMVII Obsidian Entertainment, Inc. All rights reserved.







《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 懐かし風味なハイクオリティ格闘ACT『Fight'N Rage』Steam配信開始!

    懐かし風味なハイクオリティ格闘ACT『Fight'N Rage』Steam配信開始!

  2. DMM版『PUBG』プレリリース版が配信開始!―未購入者も今から参加可能!

    DMM版『PUBG』プレリリース版が配信開始!―未購入者も今から参加可能!

  3. 初代『エイブ・ア・ゴーゴー』PC版がGOGで48時間限定で無料配信【UPDATE】

    初代『エイブ・ア・ゴーゴー』PC版がGOGで48時間限定で無料配信【UPDATE】

  4. 【特集】バトロワシューター『PUBG』が遊ばれ続ける10の理由

  5. 「Discord」ビデオ通話&画面共有の試験運用がスタート、正式ローンチは9月以降か

  6. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  7. 『PUBG』ファイル改変は利用規約違反、公式FAQにて明確化

  8. ガストの『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』Steam版が日本語対応で発売予定―『よるのないくに2』Steam版も発表

  9. ハクスラARPG『Grim Dawn』新拡張「Ashes of Malmouth」発売時期がアナウンス

  10. 『Fortnite』に100人バトルロイヤルPvPが追加へ!開発元は『PUBG』にも言及

アクセスランキングをもっと見る

page top