本日の懐ゲー: 海外でも大人気『ディグダグ』 あのジグザグも登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

本日の懐ゲー: 海外でも大人気『ディグダグ』 あのジグザグも登場

家庭用ゲーム PlayStation 2



1982年に発売されてなお根強い人気を誇るディグダグ。本日は海外のアーケード版のCMをご紹介しましょう。ATARIがパブリッシャをつとめた海外版。多くのシーンがカットインする、お金がとってもかかってそうなCMになってます。ディグダグが政治経済、科学、カルチャーにまでインパクトを与える……そんな壮大なストーリーライン。日本人も登場しますよ。




ディグダグはナムコミュージアムを中心に現在もリリースが続いており、Xbox Live アーケードにも配信されています。

[b]■おまけ: ジグザグ[/b]


人気のゲームにはつきものだったパチもの。ディグダグもけっこう有名なものがあります。そのひとつがDig Dug(ディグダグ)ならぬZig Zag(ジグザグ)。本物とほとんど変わらない大胆さですが、やはりヤバいと分かっていたのかメーカー名はふせてありますね。タイトルロゴもどこか遠慮がち。

* * *




まだ他にもジグザグがありました。ファーストステージからずいぶんとカラフルです。岩の代わりにツルハシがあるのが特徴的。あの下をくぐるとツルハシが下に落ちていくんでしょうか。これは本物に対する気遣いが感じられます……か?しかもきっちりメーカー名も表示してあります。これは「ジグザグはディグダグとは
違うゲームなのだ」という意思表明なのです。

ゲームの黎明期から25年経った今でも愛される『ディグダグ』。ただ懐かしいだけではなく、その裏付けとして高いゲーム性があり、スタンダードタイトルとしての地位を確立しています。2032年、このディグダグのように25年後も愛され続けるゲームが今年はあるでしょうか。
[size=x-small](ソース: [url=http://en.wikipedia.org/wiki/Dig_Dug#Trivia]Wikipedia[/url])(イメージ: [url=http://www.vgmuseum.com/images/arcade/01/zigzag.html]Video Game Museum[/url], [url=http://www.klov.com/game_detail.php?letter=Z&game_id=10532]KLOV[/url]) [/size]

【関連記事】
昔のゲーム製作風景(ナムコ開発室)
Wiiリモコンでワニワニパニックも!?Wii&DS『Namco Museum Remix』
ファンの必需品? 『パックマン』iPodケース
全然違ウ!海外版カバーアート




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』ハイドラントがついに11月25日に登場!新ブキの情報も公開

    『スプラトゥーン2』ハイドラントがついに11月25日に登場!新ブキの情報も公開

  2. 『FIFA 18』ユーザーによるボイコット運動が勃発―ゲーム内課金要素も関連?

    『FIFA 18』ユーザーによるボイコット運動が勃発―ゲーム内課金要素も関連?

  3. 『モンスターハンター:ワールド』モンスターの生態や世界観に迫る「ワールド図鑑」第2弾8種類が公開

    『モンスターハンター:ワールド』モンスターの生態や世界観に迫る「ワールド図鑑」第2弾8種類が公開

  4. ウォークマンやワイヤレスヘッドホン・スピーカーの『モンハン:ワールド』コラボモデルが発売決定

  5. 恐竜サバイバル『ARK: Survival Evolved』拡張パック「Aberration」海外配信日決定!

  6. 「Amazon サイバーマンデーセール」でNintendo Switch限定版が販売決定!

  7. 『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される

  8. PS4侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』時代やゲームシステムは?現時点の情報まとめ

  9. 古き良きSFドット絵ADV『2064: Read Only Memories』PC/PS4日本語版配信開始!

  10. 【特集】PS4『サドン ストライク 4』過酷な戦場で役立つ戦術10選―新兵向け基本のキからネタ戦術まで

アクセスランキングをもっと見る

page top