VCで海外デビューの『罪と罰』 Wiiで続編も…? 雑誌Nintendo Powerより | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

VCで海外デビューの『罪と罰』 Wiiで続編も…? 雑誌Nintendo Powerより

家庭用ゲーム Wii

今から7年前にNintendo 64で発売され、最近Wiiのバーチャルコンソールで配信された、トレジャーの罪と罰([b]Sin and Punishment[/b])。このタイトルの続編が、Wii向けに制作されているのかも……という話が海外から出てきています。今回話題になっているのは、アメリカのオフィシャルマガジンNintendo Powerのインタビューより。

トレジャーのCEOである前川氏へのインタビューが、少しですが[url=http://www.nintendic.com/news/1343]Nintendic[/url]に掲載されていました。




Nintendo Power: 数年前にも私達がお話しした時、あなたはSin and Punishmentの続編をやってみたいと考えていると語りました。チームとして、その後それ以上の検討はされたのでしょうか?それが、Wiiにぴったりだとは思いませんか?

前川氏: 私達が当初、Sin and Punishment(バーチャルコンソール用)に取り組んでいた時、Wiiのような操作を活用するいくつかの考察を行いました。そして私達がWiiについてさらに取り組んでいる今、それは是非試してみたいと思うものです。


オリジナルの罪と罰からして、ゲーム中はやたらと熱いストーリーが、(当時のちょっと微妙な)英語ボイスで展開するゲームでしたが、実はNintendo 64時代に海外では発売されておらず、熱心なゲームファンの間では、バーチャルコンソールのサービスが[url=http://wii.ign.com/articles/689/689524p1.html]始まる以前から[/url]ずっと登場が待たれている状態でした。

今月になってついに北米でも、オリジナルの英語メニューなどを追加した特別版としてダウンロードが開始され(ちなみに、他より高い1200ポイント)、海外では再び注目を集めているようです。



トレジャー一流のラン&ガンアクションと、自由照準のガンシューティングが一体化したようなシステムに、ハードウェア末期の高い表現力を生かしたハイテンションの演出が新鮮だった罪と罰。

まだ実際に制作されているかどうかは疑問が残るところですが、トレジャーといえばチャレンジ精神旺盛な職人集団だけに、Wiiでもどんな新作が出てくるのかは楽しみなところ。もし本当に続編が実現したら、これWiiリモコンとの相性もかなり良さそうです。[size=x-small](ソース: [url=http://www.nintendic.com/news/1343]Nintendic[/url], [url=http://www.nintendowiifanboy.com/2007/10/23/treasure-considers-sin-and-punishment-sequel/]Wii FANBOY[/url]) (参考:[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Sin_and_Punishment:_Successor_of_the_Earth]Wikipedia[/url])[/size]

【関連記事】
前川トレジャー社長インタビュー!噂のシューティングゲームの詳細が?
全然違ウ!海外カバーアート『ガーディアンヒーローズ』
『ガンスターヒーローズ』約41分でオールクリアムービー

魂斗羅DS!『Contra 4』伝説のアクションシューティングがDSを舞台に新作登場
Wiiザッパーでリンク再び… 『Link's Crossbow Training』 動画プレビュー
相性バッチリ!?Wiiリモコンで『Rez』や『Panzer Dragoon』をプレイ!

(C)TRESURE All Rights Reserved.






《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

    『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

  2. 『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

    『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

  3. 『モンハン:ワールド』動画で観るモンスターの生態―「モンスターハンター:ワールド図鑑」第1弾公開

    『モンハン:ワールド』動画で観るモンスターの生態―「モンスターハンター:ワールド図鑑」第1弾公開

  4. 『ゴッド・オブ・ウォー』、『Ghost of Tsushima』などPS4用新作ソフトウェア映像5本が公開に!

  5. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード向け新アップデート“インターフェアランス”配信!―今後のロードマップも

  6. Wii版『ドラゴンクエストX』のサービスが終了―多くのプレイヤーから感謝の言葉が届く

  7. 『レインボーシックス シージ』GROM新オペレーター“Zofia”吹替え紹介トレイラー

  8. 『STAR WARS バトルフロント II』キャラアンロックのクレジットを75%減少―大きな議論受け

  9. 【特集】PS4『サドン ストライク 4』過酷な戦場で役立つ戦術10選―新兵向け基本のキからネタ戦術まで

  10. PS4侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』時代やゲームシステムは?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top