SCE、『PS Phone』の噂を否定、と思いきや今度は韓国で『PS3 Phone』が登場?! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SCE、『PS Phone』の噂を否定、と思いきや今度は韓国で『PS3 Phone』が登場?!

前々からちらほら噂が聞こえる[b]PlayStation Phone[/b]。Sony Computer EntertainmentのCOOであるJim Ryan氏のEconomic Timesに対しての発言から再度その噂が浮上しました。

家庭用ゲーム PS3


前々からちらほら噂が聞こえる[b]PlayStation Phone[/b]。Sony Computer EntertainmentのCOOであるJim Ryan氏のEconomic Timesに対しての発言から再度その噂が浮上しています。



以前からこの噂はありますが可能性が増したのはSony Japan's Ericsson Mobile Communications dept.が出願したPSPルックな電話可能なデバイスの特許からと言えるでしょう。そんなPS Phone、今回改めて噂が浮上した形になります。そのRyan氏の発言というのは以下の通り。

PlayStationは証明された成功ですが、Sony Ericssonもそうです。2つの力が集まって一緒に機能することは、確かに道理にかなっています。コンソール指向の電話は大変魅力的です。


もちろん具体的な実現の可能性については触れていないものの、将来的にその可能性がある、Sony Ericssonと取り組むようなことを示唆する発言をしました。しかし、ソニーのスポークスマンはそれが誤って伝えられたものであると話します。

私達は確かに他のソニーファミリーと様々なトピックについて話し合います。しかしPlayStation Phoneを現在一緒に作っているということは確認されていません。


たとえ本当に取り組んでいたとしても「今、作ってますよ!」なんて発言が飛び出すことはないでしょうからね……。



さて、それはさておき、CVGが韓国の面白い?携帯電話を紹介しています。その名も[b]Amycoll PS3 Phone[/b]。もちろん、ソニーとは関係ないのですがパッドやボタン部分は確かにPlayStationルックです。そして、Windows design for PS3というロゴもバッチリ確認することが出来ます。



見た目は確かにPSに見えなくもないこの携帯電話。注目すべきは、ブランド名はPS3、OSはMicrosoftのWindows、更に任天堂のSNESとNESのエミュレータがプリインストールされているというところ。まさに「ここに全てが集まる!」という感じでしょうか?





[size=x-small](ソース1・
イメージ: [url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=176220]CVG[/url], ソース2: [url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=176163]CVG[/url])[/size]


【関連記事】
『PSP Phone』も夢じゃない!?SCEヨーロッパが英国BTとの提携を発表
PSPに超そっくりな携帯電話が登場@中国
《kirin》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種が公開!

    『モンスターハンターワールド:アイスボーン』ディノバルド亜種が公開!

  2. プレミア動画視聴で特別アイテムが貰える!『フォートナイト』新機能「YouTubeドロップ」発表

    プレミア動画視聴で特別アイテムが貰える!『フォートナイト』新機能「YouTubeドロップ」発表

  3. 『Dreams Universe』ユーザーがリメイク版『FF7』を驚愕レベルで再現!キャラ切り替えもリアルタイムで

    『Dreams Universe』ユーザーがリメイク版『FF7』を驚愕レベルで再現!キャラ切り替えもリアルタイムで

  4. ニンテンドースイッチ、バッテリー持続時間が向上した新モデルが登場─持続時間は4.5~9時間、価格は据え置き

  5. 『十三機兵防衛圏』シミュレーションパートがお披露目!未公開のADVパートを見たゲスト陣の考察が光る【生放送まとめ】

  6. そもそも『PUBG』でなぜバトロワが行われるのか?世界の裏側を描くシネマティックトレイラー公開

  7. 『オーバーウォッチ』“ロールキュー”が導入に―好きな役割を選んでマッチング、カテゴリ毎2人ずつのチーム構成に

  8. 【吉田輝和の絵日記】撃って走ってぶっ壊せ!『Blazing Chrome』魂斗羅ライクな爽快2D横スクACT!

  9. 『GTAオンライン』娯楽要素満載のダイヤモンドカジノ&リゾートが国内向けにも発表!7月23日より配信開始

  10. 『サイバーパンク2077』日本の大企業「Arasaka」やUIなしの“ハードコア”設定が登場?海外インタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top