海外レビュー灰スコア 『NRA Varmint Hunter』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビュー灰スコア 『NRA Varmint Hunter』

PC Windows



海外メディアから類まれなる悪評を受けてしまったゲームをご紹介するこのコーナー。第三回目となる今回は、GameSpotのレビューで1点の栄光に輝いたBig Rigs: Over the Road Racingに続いて、90年代初期から数えて歴代のPCゲームの中でもワーストナンバー2に位置する[b]NRA Varmint Hunter[/b]というゲーム。

* * * * *


Cheat Code Central: 3.0/10
このゲームをプレイするくらいなら、車に石でも投げつけていた方がまだ楽しい。まるで金属探知機でゴミ捨て場を漁っているような気分にすらなる。


PC Format: 2.1/10
ハンティングもスリルも存在しないハンティングのスリル。


G4TV: 2.0/10
このゲームにはマルチプレイヤーモードがあるがまったく機能していない。マルチプレイヤーモードをメニューから選択するとメーカーサイトに飛ばされる。しかしマルチプレイができたとしても別にやりたくもない。長所:色や音がある。短所:このゲームをプレイすると自分を銃で撃ちたくなる。


IGN: 1.0/10
プレイヤーは動くことすらできない。NRA Varmint Hunterはこの世に芋以下のゲームが存在することを証明した。


PC Gamer: 0.7/10
私は過去にNRA Varmint Hunterよりもずっと楽しい広告用フラッシュゲームをプレイしたことがあります。


* * * * *


目を覆いたくなるような厳しい世評を受けているこの作品、タイトルを日本語に訳すと、[b]全米ライフル協会監修 害獣ハンター[/b]。ゲームは、タイトルの通りハンティングを題材にしたもので、実存するアメリカの有名ハンティングスポットを舞台に、野生のウッドチャックやプレリードッグ、コヨーテなどを相手にハンティングを楽しむというタクティカルシューター。



[size=x-small]射撃時の操作は、マウスルックとスペースキーでの射撃、Rキーでのリロードのみという単純なもの[/size]


ゲームは実際のハンティングをリアルに演出するため、射撃時の座高から双眼鏡やレーザーサイトの使用、さらには弾薬や火薬の種類まで詳細なセッティングが可能である反面、その筋の専門家によってモデリングされたという小動物達は、大変いい加減なポリゴンで描かれており、モグラ叩き級の単純なAIも手伝って、いざ銃弾が動物に命中して小さな体がパタリと地に横たわるのを見ても[b]何の喜びも味わうことができない[/b]とのこと。

さすがに王者のBig Rigsには敵いませんが、このNRA Varmint Hunterも、長きに渡るPCゲームの歴史に残るハイレベルな迷作であることは間違いないかもしれません。[size=x-small](ソース: [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/pc/nravarminthunter]Metacritic[/url])[/size]


【関連記事】
海外レビュー灰スコア 『Anubis II』
海外レビュー灰スコア 『Godzilla: Unleashed Double Smash』

最悪なゲームコントローラー TOP10
ゲーマーへの挑戦状! 超難ゲー『I Wanna Be The Guy: The Movie: The Game』
GameSpotのレビューで1点をつけられた伝説のゲーム
ルミネスDS!…じゃないらしい、ちょっと微妙なパズルゲーム『Luminator DS』
クローズドドア…『Shadowrun』の開発会社FASA Studioが閉鎖に
8ビット時代のゲームオーバークロニクル
これはヒドイ!海外ゲーム情報雑誌の表紙ワースト12!



 






《Rio Tani》

特集

PC アクセスランキング

  1. Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

    Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

  2. PC版『PUBG』に70~80年代テーマの新衣装がまもなく登場! オシャレでもドン勝

    PC版『PUBG』に70~80年代テーマの新衣装がまもなく登場! オシャレでもドン勝

  3. 『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

    『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

  4. Steam版『世界一長い5分間』配信!物語はラスボス「魔王」の目の前から始まる

  5. 『PUBG』チート対策への今後の取組を発表―Steamファミリーシェア機能の停止なども告知

  6. 2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

  7. 『レインボーシックス シージ』ディレクター、ルートボックスについて語る―「私たちは貪欲であるとは思わない」

  8. 『レインボーシックス シージ アドバンスエディション』販売店別特典が決定―先行販売されていたグッズも予約開始

  9. VRゲーム『Sacred Four』がリリース―鎖に繋がれた神剣で巨大な敵を打ち倒せ

  10. 『PUBG』チャリティー大会参加者にチートの疑い―見えない敵に手榴弾を…

アクセスランキングをもっと見る

page top