今年最大の注目作!IGNに『Grand Theft Auto IV』レビュー&ビデオレビューが掲載 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今年最大の注目作!IGNに『Grand Theft Auto IV』レビュー&ビデオレビューが掲載

家庭用ゲーム Xbox360



いよいよ今週29日に発売される、シリーズ最新作で今年最大の注目作[b]Grand Theft Auto IV[/b]。大手ゲームサイトIGNにてそのレビューが7ページにもわたって掲載されていましたのでご紹介します。そのスコアはなんと[b]10/10[/b]のパーフェクト!またゲームプレイを含んだビデオレビューと新スクリーンショット20点も同時に公開されていましたので、こちらもご一緒にお楽しみください。



[b]Presentation - 10[/b]
ストーリーはオスカー品質。ゲーム内のポータルとして携帯電話を使用するというのも優れている。GTAIVに求められるものはこれ以上何もない、本当に。


[b]Graphics - 10[/b]
詳細なレベルは驚くべきもの。Liberty Cityは活発で生活感に満ちている。いくつかの技術的な問題もあるが、その芸術的価値は最大級。


[b]Sound - 10[/b]
ダイアログはストーリーを作り出す。素晴らしい脚本、そして優れた声の演技がなければストーリーは失敗していただろう。選び抜かれた200曲以上のサウンドトラックにも圧倒される。


[b]Gameplay - 10[/b]
カバーとターゲティングシステムは素晴らしく機能している。RPGでのブラインドファイアは美しい。すべてが調和して機能しており、無駄なミッションは一つとしてない。ここ数年やってきたゲームの中で一番楽しめた。


[b]Lasting Appeal - 10[/b]
ストーリーをコンプリートするには25〜45時間ほどかかる。ストーリーを終えたとしても、優れたマルチプレーヤーなど、楽しめる要素はたくさんある。


[b]IGN Video Review[/b]



[b]10/10 OVERALL[/b]

我々は10点というスコアを滅多に出すことはない。実際、我々が最後に10点を出したコンソールゲームは、1999年のソウルキャリバーなのだ。10点というのは、なにもパーフェクトであるという意味ではない。このゲームが限界を突き抜け、ジャンルを拡大させ、競争相手を遥かに超え、どんな欠点をも覆っているということを意味しているのだ。確かに、GTAIVにはいくつかの問題点もある。その中でも最も目立つのがカバーシステムの欠点になるだろうが、GTAIVにはそれ以上に、私が過去10年間に見たどのゲームよりも優れた部分がいくつもある。我々は滅多に10点を与えているわけではない。ゲームがそのスコアと同じ価値がある時だけなのだ。












その他スクリーンショットは[url=http://media.ps3.ign.com/media/793/793799/imgs_1.html][b]コチラ[/b][/url]からご覧ください。

あのIGNのレビューでも10/10の満点を記録し、さまざまなレビューでも高得点をマークしている今年最大の注目作Grand Theft Auto IV。そのクオリティーは凄まじいものになっていそうです。いよいよ今週29日に発売される予定。私たちがプレイできる日はもう目の前に迫っています![size=x-small](ソース&イメージ: [url=http://ps3.ign.com/articles/869/869840p1.html]IGN[/url])[/size]

【関連記事】
解禁直前!『Grand Theft Auto IV』 一足お先にゲームプレイQ&A
10点満点パーフェクト!OXMに『Grand Theft Auto IV』世界初のレビューが掲載
『Grand Theft Auto IV』公式サイトが更新!Niko Bellicの新ムービーが追加
『Grand Theft Auto IV』第5弾トレイラーが公開!&NaturalMotionデモムービーも

『Grand Theft Auto IV』新スクリーンショットが大量公開&プレイムービー情報
中身はこんな感じ!一足お先に『Grand Theft Auto IV』スペシャルエディションを大開封
使用キャラをカスタマイズ可能!『Grand Theft Auto IV』マルチプレイヤーの詳細が公開
『Grand Theft Auto IV』シングルプレイヤーゲームのプレイタイムは最短50時間?

(c)Rockstar Games, Inc. All rights reserved.

- トップに戻る -
《James》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「プラットフォーム独占DLCは好まない」MSフィル・スペンサーが海外メディアに語る

    「プラットフォーム独占DLCは好まない」MSフィル・スペンサーが海外メディアに語る

  2. 『オーバーウォッチ』プレイヤー数が3500万人を突破…2017年だけで1000万人増

    『オーバーウォッチ』プレイヤー数が3500万人を突破…2017年だけで1000万人増

  3. 【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう

    【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう

  4. スイッチ版『DOOM』の海外発売日が決定!―開発者インタビュー映像も公開

  5. 『アサシンクリード オリジンズ』海外実写映像―燃え盛る宮殿…原初のアサシンが見る行末は

  6. 人気「独裁」シム『MEGA盛り トロピコ5 コンプリートコレクション』体験版配信

  7. オープンワールド恐竜サバイバル『ARK: Survival Evolved』攻略動画第4弾は、恐竜にフォーカス

  8. 【9/19更新】『モンスターハンター:ワールド』新要素や発売日は?現時点の情報まとめ

  9. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  10. ハイクオリティー横スクACT『Cuphead』売上本数100万本突破、記念イラストも【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top