『GTA IV』 “飲酒運転”に対しMADDが非難声明 レーティングの変更を求める | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA IV』 “飲酒運転”に対しMADDが非難声明 レーティングの変更を求める

シリーズを通じて常に高い評価を受け、その裏側では様々な団体から批判を浴びているGTA。 Grand Theft Auto IV でもその例にもれず、ある団体からクレームが届いています。飲酒運転を無くす運動を続けている団体MADDが、GTAIVのゲーム内容のひとつ“飲酒運転”を非難

家庭用ゲーム Xbox360


シリーズを通じて常に高い評価を受け、その裏側では様々な団体から批判を浴びているGTA。Grand Theft Auto IVでもその例にもれず、ある団体からクレームが届いています。飲酒運転を無くす運動を続けている団体MADDが、GTAIVのゲーム内容のひとつ“飲酒運転”を非難する公式声明を出しました。


MADDは、「飲酒運転は遊びにもジョークにもならない」として、GTAIVがバーチャルに飲酒・運転をユーザーに体感させることを非難。アメリカのレーティング機関であるESRBに、現行のM(Mature)からAO(Adults Only)に変えるよう要請するとともに、社会的責任と飲酒運転によって亡くなった人への尊厳を欠くとして、販売中止の検討をパブリッシャーに請願しています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamespot.com/news/6190213.html?action=convert&om_clk=latestnews&tag=latestnews;title;2]GameSpot: Mothers against GTAIV's drunk driving[/url])(イメージ: [url=http://www.madd.org/home.aspx]MADD[/url])[/size]

【関連記事】
アダルトオンリー!『Manhunt 2』とうとうアメリカでは成人指定扱いに…
Bully: Scholarship Edition』南米ブラジルで発売禁止 内容が許可できず
いじめを助長?8ヶ国の教員組合が『Bully: SE』の発禁を求めて立ち上がる

『Mass Effect』先日のシンガポール発禁は免れる 種族の設定に納得?
これで名作の仲間入り!?『Jericho』ドイツで発禁処分に
発禁処分を食らったゲーム TOP10
ESRBレーティングがわたしたちに教えてくれること: 各プラットフォームを比較







《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』シーズン10が一週間延長、オーバータイムミッションは10月8日開始―v10.40.1アップデートのパッチノート公開

    『フォートナイト』シーズン10が一週間延長、オーバータイムミッションは10月8日開始―v10.40.1アップデートのパッチノート公開

  2. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

    購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  3. 酒!暴力!セクシー!なアクションRPG『BDSM: Big Drunk Satanic Massacre』配信開始、日本語対応

    酒!暴力!セクシー!なアクションRPG『BDSM: Big Drunk Satanic Massacre』配信開始、日本語対応

  4. 初代『ドラクエ』&『II』&『III』スイッチ版発売決定!9月27日配信開始

  5. 『ポケモン ソード・シールド』新ポケモン「ポニータ(ガラルのすがた)」公開!ファンシーな見た目のエスパータイプに

  6. 『ゼルダの伝説 夢をみる島』原作の小ネタ&裏技は残ってるの? 気になるところを検証してみた

  7. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  8. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信!各ハンター調整なども

  9. 『Apex Legends』新イベント「Fight or Fright」10月15日から開催!ハロウィン風スキンが手に入る【UPDATE】

  10. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

アクセスランキングをもっと見る

page top