コンソール移植にも期待?『Dragon Age: Origins』フィーチャー&E3プレイ動画 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コンソール移植にも期待?『Dragon Age: Origins』フィーチャー&E3プレイ動画

PC Windows

E3の開催中には、コンソール移植も視野に入っていることが明かされた、BioWareのPC用次期大作RPG Dragon Age: Origins。先日お送りしたトレイラーでは、大迫力の映像で本作の壮大な世界観が描かれていましたが、今日は実際のゲームプレイ映像やゲームフィーチャーをご紹介します。



インターフェースの構造やプレイ感は、Baldur's GateやNeverwinter Nightsからほとんど変わっていない、ある意味なつかしさすら感じさせる作りになっていますが、このボス戦の様子を見ると、キャラクターのアニメーションや行動パターンのバリエーションが驚くほど豊富なのが確認できます。リアルタイムといえども単調になりがちな戦闘パートを、こうした多彩な表現で飽きさせない作りにしているのでしょう。

お次はパブリッシャーのElectronic Artsから発表されたDragon Age: Originsのゲームフィーチャー。

* 壮大なパーティー戦闘システム - Dragon Age: Originsでは革新的、かつ拡張性のある戦闘システムを採用。プレイヤーは大規模な戦闘に直面し、自らのパーティーの特殊能力を駆使しながら、敵の大群や巨大なクリーチャーを粉砕するのだ。

* 強力な魔法 - “Spell Combo”システムにより、敵に強烈な破壊を浴びせる魅力がいっそう増した。二つの異なる魔法を組み合わせて、創発的でユニークな効果を生み出そう。

* 深みのあるカスタマイゼーション - プレイヤーは自分のキャラクターを成長させ、強力な特殊能力(Spell、Talents、Skill)を手にし、膨大な数の武器を発見するだろう。

* あなただけの物語と道筋 - 力強い感情溢れるストーリーによって、どの派閥と同盟を結ぶか、あるいは敵対するかを、プレイヤー自身が選択することができる。選んだ決断や、どのような力を手にいれたかによって、世界が変化をしていく。

* オリジンストーリー - プレイヤーがどのように世界を見て、世界がプレイヤーをどのような視点でとらえているのかを決定する、ユニークなプレリュードをプレイできる。プレイヤーが選んだOriginにより、彼らがどんな人物で、どこから冒険が始まるのかを決定。オープニングのカスタマイズストーリーをプレイしながら、その後の冒険に大きな影響を与えていくのだ。


最近あまり見かけなくなった、“ハードコアなPCのシングルプレイRPG”の再来にもなってくれそうなDragon Age: Origins。次世代のグラフィックとイノベーティブなシステムを引っさげ、2009年初頭に登場予定です。[size=x-small](ソース: [url=http://www.shacknews.com/onearticle.x/53591]Shacknews[/url], イメージ: [url=http://www.joystiq.com/2008/07/22/dragon-age-origins-screenshots-and-gameplay-footage/]Joystiq[/url])[/size]

【関連記事】
E3 08: BioWareの次期大作RPG『Dragon Age: Origins』デビュートレイラー
DX10に完全対応 BioWareの大作RPG『Dragon Age』
BioWareの本命RPG!?『Dragon Age』は2009年4月までにリリース予定
良質なRPG開発で知られるBioWareがWiiとPSPタイトルの開発を視野に
海外レビューハイスコア 『Neverwinter Nights 2: Mask of the Betrayer』
海外レビューハイスコア 『Mass Effect』(PC)

Dragon Ageの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C) 2008 EA International(Studio and Publishing) Ltd. All Rights Reserved.

- トップに戻る -


 






《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

    『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

  2. 1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

    1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

  3. Bungie続編『Destiny 2』に「グリモアカード」は非搭載

    Bungie続編『Destiny 2』に「グリモアカード」は非搭載

  4. 『PUBG』追加武器はロシア製狙撃銃「VSS」!治療モーションも

  5. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  6. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  7. 近接攻撃が本格的に?『PUBG』にキルムーブが実装か

  8. 一人称視点ダンジョンクローラー『Monomyth』Steam Greenlightトレイラーが公開

  9. 『マイクラ』風ARPG『Portal Knights』Steam版正式配信!―小島監督も注目

  10. 『PUBG』新マップ2つの詳細判明―旧ユーゴ領土/砂漠の都市が舞台に

アクセスランキングをもっと見る

page top