あのトム・クランシーが、今年のグルジア紛争を大予言!?そのリアルさが改めて話題に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

あのトム・クランシーが、今年のグルジア紛争を大予言!?そのリアルさが改めて話題に

今やフライトシューティングやリアルタイムストラテジーにまで、そのフランチャイズを広げている、おなじみ[b]Tom Clancy[/b]。リアルな国際情勢を反映したシリーズの舞台設定には定評がありますが、ただいま世界を騒がせているロシアとグルジアによる武力紛争を、

PC Windows




映画化されてヒットした「[url=http://www.imdb.com/title/tt0099810/]レッド・オクトーバーを追え![/url]」に始まる人気シリーズの原作者として知られ、自らゲームデベロッパーのRed Storm Entertainmentを設立。現在は親会社になったUbisoftの看板タイトルとして、フライトシューティングリアルタイムストラテジーにまでそのフランチャイズを広げている[b]Tom Clancy[/b]ブランド。

毎回いつも、リアルな国際情勢を反映した作品の舞台設定には定評がありますが、なんと先週から世界を騒がせているロシアとグルジアによる武力紛争を、既にビデオゲームの中で描いていたようです。またしても、その恐ろしいほどの的中ぶりが話題を呼んでいます。



* * * * * * * * *




[size=x-small]今見ると懐かしい、2001年のGhost Recon PC版[/size]




よりによってオリンピックの開幕と共に始まってしまった、グルジアの南オセチア自治州を巡るロシアとの[url=http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&q=%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%82%A2+%E6%AD%BB%E8%80%85&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=]激しい軍事衝突[/url]。国際的な非難の高まりで、ひとまずこれ以上の全面対決は回避されたものの、16日現在今もロシア軍は当地に駐留を続けている情勢。

一方、2001年に発売された[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Tom_Clancy%27s_Ghost_Recon]Tom Clancy's Ghost Recon[/url]シリーズ1作目では、ズバリ2008年のロシアやグルジアが舞台。ロシアでは、ソビエト連邦時代の超大国を再建しようとするナショナリストが国家権力を掌握し、米軍の特殊部隊"ゴースト"はグルジアに潜入して、侵攻を目論むロシアから煽られた南オセチアの独立派と最初に戦うことになります。……もちろん、ゲーム世界のお話。

なんだか、今見ると7年前に作られたとは思えないほどの切実さで、2008年という年まで一緒なのにはさすがにビックリ。クランシー氏自身は、今時のビデオゲームよりもむしろ、大量の数値データを扱う本格的なボードゲームのシミュレーションが趣味なんだそうですが、以前にはあの世界同時多発テロの際に、それまで出版していた旅客機による自爆テロのリアルな描写がニュースになったこともあるそうです。

ちなみに、その後今も続く人気シリーズになったゲームの方では、この事件がきっかけとなって2009年を舞台にアフリカやキューバ、コロンビアと拡張パックが3作品もリリース。さらに続編では、あの北朝鮮などにまで世界的な混乱が続いていくことになりますが、せめてここから先は、いつまでもリアルなフィクションのままでいて欲しいものです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamepolitics.com/2008/08/13/did-ghost-recon-predict-russia-georgia-conflict]GamePolitics: "Did Ghost Recon Predict Russia-Georgia Conflict?"[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url="http://www.flickr.com/photos/publik18/2750480869/"]Flickr[/url])[/size]



 
【関連記事】
E3 08: プレイアブル出展された『Tom Clancy's H.A.W.X』のプレイ映像と新情報
E3 08: 緊迫の命令合戦『Tom Clancy's EndWar』最新トレイラー
『Splinter Cell: Conviction』また延期 発売は2009年以降に


近未来のフライトシューティング『Tom Clancy's H.A.W.X』初公開デモ映像
ボイスコマンド対応RTS 『Tom Clancy's EndWar』最新デモ映像
総額120億円以上?Ubisoftがトム・クランシーブランドの権利をまるごと買収

メキシコの都市、フアレスの市長が『GRAW2』を批判
惨事の容疑者は『Counter Strike』プレイヤー?『Second Life』では追悼イベントが…
米軍の次世代秘密兵器(本物)は、Xboxコントローラーで操作!?



Tom Clancyシリーズの関連記事をGame*Sparkで検索!


- トップに戻る -




(C) 2001 Red Storm Entertainment. All Rights Reserved. Red Storm Entertainment, Inc. is a Ubisoft Entertainment company.



 






《Miu》

PC アクセスランキング

  1. 『HEAVY RAIN』など

    『HEAVY RAIN』など"Quantic Dream"3作品のPC版スペック公開―『Detroit』はVulkan対応

  2. 終末北米ストラテジー『Overland』今秋リリース!―独特の世界観を醸す新たなトレイラーも

    終末北米ストラテジー『Overland』今秋リリース!―独特の世界観を醸す新たなトレイラーも

  3. ギルド運営ストラテジーRPG『Guilds Of Delenar』早期アクセス開始―ギルドマスターとなってメンバーを導け

    ギルド運営ストラテジーRPG『Guilds Of Delenar』早期アクセス開始―ギルドマスターとなってメンバーを導け

  4. フランス革命期裁判官ストラテジー『We. The Revolution』PC版配信―血塗れの時代を生き抜け

  5. 自動工場建設ゲーム『Satisfactory』の早期アクセスが開始―レッツ惑星開拓!【UPDATE】

  6. 【吉田輝和の絵日記】原始時代街作りシミュ『Dawn of Man』神になった気分で未開の地に文明を築く!

  7. オープンワールド宇宙RPG『Astrox Imperium』早期アクセス開始―おなじみだが新鮮な宇宙ゲーム

  8. アクションRPG『CRYSTAR -クライスタ-』Steam版発表/ストアページ公開―日本語対応

  9. 『モンハン:ワールド』PC版に高解像度テクスチャパック発表!無料DLCとして提供へ

  10. 『マインクラフト』最新Snapshotで“壁走り”の不具合が発見される―気分はスパイディー?

アクセスランキングをもっと見る

1
page top