海外レビューハイスコア 『Shin Megami Tensei: Persona 4』(ペルソナ4) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Shin Megami Tensei: Persona 4』(ペルソナ4)

家庭用ゲーム PlayStation 2



1UP: 10/10
ペルソナ4を最も引き立たせているのは、親しみのある登場人物とストーリー性のあるキャスト達だ。


Destructoid: 10/10
アトラスは既に完成されたベストな作品と新鮮なアイデアを組み合わせるのに成功。その結果生まれたのは、間違いなく今年一番のファンタスティックなロールプレイングゲーム。あなたがこのジャンルを嫌いでない限り、どんな事情があっても絶対にペルソナ4を見過ごしてはいけない。


Wired: 10/10
ペルソナ4の最も驚くべき点は、目に付くような欠陥が全く存在しないこと。グラフィックではXbox 360やPS3の作品に及ばなくても、上品で巧妙なアートスタイルで十分に埋め合わせている。大量のテキストを読むことを心配しているユーザーは、ほとんどの会話シーンに挿入された吹き替えボイスの出来に驚かされるはずだ。




IGN: 9/10
過去のペルソナシリーズから、様々な方法で大幅な進化を遂げている。ペルソナ4ではより深いダンジョン探索やコミュニティの要素を搭載し、興味をそそるゲームプレイを提供。RPGシリーズの革命であり、問答無用のクラシック作品。



GameSpot: 9/10
長所: 様々なテーマのダンジョンを探索できる。楽しくて魅力的なバトル。現実味のある素晴らしいキャラクター達。コミュが直接戦闘能力に作用する。キャラクターのステータスは強い影響力を持っている。短所: ダンジョン探索中の粗末なカメラ視点。ペルソナやシャドウのアートワークは使い回しが多い。


Game Informer: 8/10
コミュニティとバトル要素の相互作用は中毒的なサイクルを生み出し、プレイヤーを奇妙なペルソナ4の世界に没頭させる。しかし、本作の複雑で入念に設計されたシステムや構造は、経験値稼ぎや繰り返しのプレイを要求するため、全てのプレイヤーにはおすすめできない。


* * * * *


ずらりと100点満点が並ぶこちらのハイスコアな海外レビューは、イエローのテーマカラーが象徴的な国産RPG ペルソナ4(Shin Megami Tensei: Persona 4)です。前作ペルソナ3やペルソナ3 フェスのローカライズ版は、国内よりも約一年遅いリリースで海外JRPGファンのしびれを切らしていましたが、今作は約半年でリリースが実現。一週間で遊びつくしたユーザーやメディアから早くも絶賛の声が続々と到着しています。



本作では、身近な存在に感じられる個性的でリアルなキャラクター達が、最高のキャスティングだと海外でも評価。また、ダンジョン探索とコミュ構築の二つのパートからなるゲームプレイは、新しい要素を含みながらも前作よりさらに磨きがかり、非の打ち所がない完成度に達したと指摘する声も。今はリリースが少なくなりつつあるPS2タイトルにして、2008年のベストRPG作品だと評する意見も出ているようです。



今回アトラスからリリースされた北米版ですが、来年発売予定のヨーロッパ圏ではスクウェア・エニックスが、オーストラリアではUbisoftがパブリッシャーを担当。海外でも素敵な[url=http://www.shacknews.com/screenshots.x?gallery=11165&game_id=5897&id=129181#img129181]オリジナルグッズ[/url]が用意されるなど、相当な盛り上がりを見せているようです。こうした世界的な反響は、これからのペルソナブランドにとっても大きな力になっていくのではないでしょうか。[size=x-small](ソース: [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/ps2/shinmegamitenseipersona4]Metacritic[/url])[/size]

【関連記事】
最も偉大なコンソール用ロールプレイングゲーム TOP15
海外で『MOTHER 3』のDS発売を目指す運動が展開中
人気RPGが独占!海外ファンのバーチャルコンソールで出て欲しいソフト TOP5
ララ・クロフトもびっくり?スクエニ、海外パブリッシャーEidosの買収を計画中
今度は次世代アクション?スクウェア・エニックスが海外で新スタジオの人材を募集
男キャラにも大変身!?…海外のRPGファンから見た、スクエニ風キャラクターの作り方講座

海外レビューハイスコア『Shin Megami Tensei: Persona 3』(ペルソナ3)
海外レビューハイスコア 『Valkyria Chronicles』(戦場のヴァルキュリア)
海外レビューハイスコア 『Arcana Heart』(アルカナハート)
海外レビューハイスコア 『Tales of Vesperia』(テイルズオブヴェスペリア)
海外レビューハイスコア 『Disgaea: Afternoon of Darkness』(ディスガイアポータブル)
海外レビューハイスコア 『Etrian Odyssey』(世界樹の迷宮)

ペルソナの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)2008 ATLUS

- トップに戻る -


《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

    今回の敵は終末カルト!『Far Cry 5』ゲーム概要&スクリーンショット

  2. 【特集】王道!『PS StoreでDLすべきCERO Z洋ゲー』10選

    【特集】王道!『PS StoreでDLすべきCERO Z洋ゲー』10選

  3. 『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

    『Call of Duty: WWII』のキャンペーンでは枢軸軍側でのプレイはなし―「枢軸軍は獰猛な敵」

  4. 『Far Cry 5』の海外向けアナウンストレイラーが公開!―PS4/XB1/PCで2018年発売

  5. バンダイナムコ、一人称スリラーADV『GET EVEN』を2017年に配信─PS4/STEAMにて展開

  6. 『タイタンフォール2』大型アップデート海外向けトレイラー!新型タイタンの勇姿を見よ

  7. 4vs1マルチホラー『Dead by Daylight』の海外PS4/XB1版発売日決定!

  8. 『ストリートファイターV』CFNが5月末に刷新、新キャラ「エド」や金網が懐かしいあのステージの復活も

  9. ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターダブルクロス』発売決定! 「頂上大会2017」札幌大会で発売日など発表

  10. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

アクセスランキングをもっと見る

page top