ドウェイン“ザ・ロック”ジョンソンが、映画『DOOM』は失敗だったと発言 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドウェイン“ザ・ロック”ジョンソンが、映画『DOOM』は失敗だったと発言

ゲーム文化 カルチャー



2005年に公開された映画版DOOMに出演したドウェイン“ザ・ロック”ジョンソン、ハムナプトラ2のスコーピオン・キングで憶えている方も多いでしょうか。彼がMTVのインタビューで「映画版DOOMは失敗だった」と発言しています。さて問題の映画版DOOM、ご覧になられた方はロック様が何を持って失敗だと言っているのか、そもそもメジャー作品として成功しようと思っていたのか、少々疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

物語が破綻しているにも関わらず不自然に尺の長いドラマ的なシーン、FPS視点で進められるシーケンス、えっ??いやいやDOOMでそれは無い!と誰もが脱力する衝撃のラスト、爆発!大量の銃弾!チェーンソー!無駄にでかい武器。そして何よりDOOMを怪作にしているのが、B級テイスト満載な舞台にふさわしくないキャスト達な好演です。このおかげで、鑑賞中は不思議な気持ちが低い回転数で持続するという珍しい映画に仕上がっています。

改めて失敗発言にスポットを当てると、ロックさん一体何を作ろうとしてたんですか!とツッコミいれざるを得ないのは至極当然、むしろ色んな意味で立派な迷作として大成功じゃないですかと思うわけです。インタビューはMTV Newsでご覧頂けますが、ロックさんがインタビュー開始早々冗談で「DOOMはもの凄い、ものすっごい!大成功だよ!!」と、ノリノリで喋ってる所を見るに、本人もネタとして楽しんでる様子で少し和んだ次第です。
[size=x-small](ソース&イメージ: [url=http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3173255]1UP[/url])[/size]

【関連記事】
みんな大好きウーヴェ・ボルがラジー賞で2冠!
亀仙人が強すぎな『Dragon Ball Evolution』初公開ゲームプレイ動画
ワーナーが『トゥームレイダー』映画版シリーズを再始動、スタッフやキャストも一新
あのバーチャル世界『Second Life』が映画化!?
《nick》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

    e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

  2. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

    『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  3. ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

    ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

  4. 名作STG『ギャラガ』アニメ化が海外で進行中

  5. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  6. 日本代表、「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」プレイオフで豪州に敗れる

  7. スピルバーグ新作映画「Ready Player One」トレイラー初披露!壮大VRゲーム舞台

  8. 【特集】「Evo 2017」『ストV』チャンピオンときど選手にヒーローインタビュー

  9. 海外アダルトサイト後援のe-SportsチームにESLが警告、ポルノ広告にNG

  10. 16チームが超楽しんだ!『オーバーウォッチ』オフライン大会「AOC OPEN」レポート―e-Sports発展を目指すAOCの取り組み

アクセスランキングをもっと見る

page top