GDC 09: これが未来のゲーム環境?クラウドゲーミングサービス『OnLive』発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 09: これが未来のゲーム環境?クラウドゲーミングサービス『OnLive』発表

PC Windows



Rearden Studiosは、全く新しい方法でゲームをプレイできる、オンデマンドのゲーミングサービスOnLiveをGDCで発表しました。

ほとんどのバージョンのWindowsやMacに対応するOnLiveは、簡単なブラウザプラグインをインストールするだけで、ユーザーのPCスペックに関係なく、ハイエンドな次世代ゲームをプレイすることができます。クラウドコンピューティングと同様の技術を用い、ゲームの映像をオンライン上でストリーミング再生しながら、プレイヤーがコントローラーで入力した信号をサーバーが受信、インプットを反映した新しい映像をユーザーのPC上に映し出します。



これにより、ロースペックなPCで最新のCrysis Warheadをプレイすることも不可能ではありません。また、MicroConsoleと呼ばれる周辺機器を使うことで、HDMI対応のTVにゲーム画面を表示させることもできるようです。

気になるのはやはりラグの問題ですが、480pの画面では1.5mbps、720pのHD画面では5.0mbpsのインターネット速度が必要で、拠点となるサーバーから1000マイル以内の場所でしかサービスが利用できないそうです。これは、今後データセンターを増設することで解決されるかもしれません。



EA、Take-Two、Ubisoft、Epic、Atari、Codemaster、Warner Bros、Eidosなどの大手パブリッシャーが、既にタイトル提供の契約を結んでいるというOnLive。この夏にもベータテストを実施予定で、今冬中の正式サービス導入を目指しています。尚、料金形態はまだ明らかになっていませんが、Xbox LIVEと同等の利用料が検討されている模様です。(ソース: IGN, イメージ: VG247)

【関連記事】
GDC 09: 新型ゲーム機『Zeebo』のローンチ発表。コンソールマーケットに参戦
GDC 09: SCE、PLAYSTATION 3用の開発キットを大幅値下げ
GDC 09: HavokがAI制御ミドルウェア『Havok AI』を発表
GDC 09: 表現力が更にパワーアップした『CryENGINE 3』の映像が初公開
スライドスクリーンを閉じたままゲームをプレイ?新型PSPのさらなる詳細が噂に
海外開発者「PS3ソフトの開発はとんでもなくやっかい。Xboxは性能の悪いPC」
CES 09: 周辺機器メーカーNyko、“最上級のWiiリモコン”『The Wand』を発表
『Mirror's Edge』や『Dead Space』も…とうとうEAのPCゲームがSteamに本格参入
デュアルコアは5割、Vistaは3割到達…Steamユーザーによる最新PC環境調査が明らかに
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

    『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

  4. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  5. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  6. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  7. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  8. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  9. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

  10. 『LoL』新チャンピオン「超常の遊び ゾーイ」実装、神出鬼没の悪戯ガール!

アクセスランキングをもっと見る

page top