スクエニ和田社長 「Eidosと共同でオリジナルタイトルを制作したい」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクエニ和田社長 「Eidosと共同でオリジナルタイトルを制作したい」

ニュース 最新ニュース

トゥームレイダーシリーズで知られるEidosを買収、海外スタジオが開発する新作を複数発表するなど、海外マーケットを意識した戦略が目立つスクウェア・エニックス。

Gamasutraのインタビューに登場した和田洋一社長は、スクウェア・エニックスとEidosが、両社がそれぞれ持つフランチャイズ(トゥームレイダー、ファイナルファンタジーなど)を、交換して開発する可能性があるか、という質問に対し「可能性はある」と回答。さらに、共同でオリジナルタイトルを制作するのがより重要な事だと話しています。

また和田社長は、スクウェア・エニックスが所有するアニメや漫画などのコンテンツをEidosがゲーム化したり、その逆にEidosのゲームシリーズをスクウェア・エニックスがアニメやフィギュア化することも考えられる、と様々なコラボレーション方法を例として挙げています。

日本とイギリスの大手メーカーが協力してどのような作品が生まれるのか、今後もゲームファンから関心が集まりそうです。(ソース: Gamasutra: Square Enix, Eidos To Embark On IP Collaboration )


【関連記事】
スクウェア・エニックスが販売を手がける第二次世界大戦RTS『Order of War』デビューティーザー
E3 09: スクエニ、『Nier』を正式発表!キャビアが手掛けるアクションアドベンチャー
E3 09: スクエニ、『Front Mission Evolved』を正式発表!海外スタジオ開発のTPSに
E3 09: Gas Powered+スクエニの新作RTS『Supreme Commander 2』初公開トレイラー
Eidos人気シリーズ『Tomb Raider』『Hitman』『Kane & Lynch』の新作が確認
Eidos、E3 2009の出展ラインナップを発表。『Batman: Arkham Asylum』の発売日も明らかに
1億2000万ドルのオファー!スクウェア・エニックス、Eidos買収に本格着手
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

    『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  2. 『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

    『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

  3. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

    『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  4. 『Days Gone』のSIE Bend Studioが規模拡大、リリース後も意欲的に活動か

  5. 第二次世界大戦が舞台の最新作『Call of Duty: WWII』が近日正式発表!【UPDATE】

  6. 戦慄ホラー続編『Outlast 2』海外発売日が遂に決定!

  7. 『MARVEL VS. CAPCOM INFINITE』海外9月発売!新参戦キャラも

  8. 噂: 『Call of Duty: WWII』のβテストはPS4先行か―さらなる販促資料が浮上

  9. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  10. 噂: 高評価ホラー『エイリアン アイソレーション』続編制作中か

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top