キャラクター作成やスキル要素も存在!『DUST 514』開発者インタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

キャラクター作成やスキル要素も存在!『DUST 514』開発者インタビュー

家庭用ゲーム Xbox360



今日、別の記事で詳細プレビューをお伝えしたCCP Gamesの新作MMOFPS DUST 514。PC用MMOのEVE Onlineとシンクロした世界が描かれ、ソーシャルネットワークやリアルタイムストラテジーの要素も持つなどこれまでのゲームになかった壮大なコンセプトで開発されている本作。

東京に来日してゲームのプレゼンを行ったCCP Games上海スタジオのクリエイティブディレクターAtlimar Sveinsson氏と、シニアディレクターのYohei Ishii氏に、DUST 514の気になった部分を質問しました。

* * * * * * *


Game*Spark: DUST 514の発売日はまだ未定とのことですが、完成度はどれくらいになるでしょうか?

Sveninsson氏: 開発には既に3年を費やしています。最初の2年は6人程度の小さなチームでコンセプトやアイデアを練っていましたが、次の1年で人数を増やし、プロトタイプによるゲームプレイの開発などに着手しました。

Ishii氏: 開発はCCPの上海スタジオで行われており、中国のEVE Onlineを担当しているスタジオも参加しており、75名くらいのスタッフがいます(CCP全体では450〜470名程度の社員が在籍)。


Game*Spark: DUST 514では例えばスピードが上がるなどキャラクターのスキルやステータスは存在しますか?

Sveninsson氏: はい。まずDUST 514には4つの種族があり、選んだ種族によってどういうスキルがあるかが決まります。それに加え、経験を重ねたり、持っている装備によって上がるものもあります。


Game*Spark: DUST 514はFPSですが、(MMORPGのように)プレイヤーが自分のキャラクターを作成したり、その姿を見ることができるでしょうか?

Sveninsson氏: はい。かなり豊富なキャラクター作成ツールが用意されます。顔がカスタマイズできるだけでなく、服装を変えたりタトゥーを付けることもできます。EVE Onlineでも深いキャラクター作成システムがあったので、それをベースに手を加えてありますね。後から新しい服装に変えることもできますよ。


Game*Spark: 開発チームの方の中で、影響を受けた日本のゲームはあるでしょうか?

Sveninsson氏: 私のお気に入りはグラディウスとR-Typeです。武器アップグレードのシステムなどはこうした日本のシューティングゲームの影響もあります。日本のゲームは最高ですからね。

Ishii氏: 上海スタジオにはアジアのスタッフもたくさんいるんですよ。彼(Sveninsson氏)ももともとDICE出身で、その後UbisoftでTom Clancy's EndWarの開発にも関わっています。


Game*Spark: 日本ではEVE Online自体がそれほどメジャーな存在ではありませんが、DUST 514をどのように日本でアピールしていくか、またどのような部分が日本のゲーマーにうけそうでしょうか。

Sveninsson氏: DUST 514はEVE Onlineをプレイしていなくても、FPSが好きで、新しいFPSが遊びたいユーザーにはこれだけで問題なく遊べますよ。DUST 514の世界はEVEとつながっていますが、プレイヤーがつながっていなくても大丈夫です。また、EVE Onlineの日本での展開もCCPとして考えていて、DUST 514を発売するまでに時間もたくさんありますので、今後各国での理想的な形を検討していきたいと思います。


* * * * * * *


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

Copyright (c) CCP 1997-2009

【関連記事】
“生きた世界のコンソールMMOFPS”CCP最新作『DUST 514』プレビュー
EVE OnlineのCCPがコンソール向けMMO-FPS『DUST 514』を発表!
コンソール展開も?『EVE Online』のCCP、EVEの世界を舞台にしたFPSを開発中
日本語版のテスト実装も!『EVE Online』無料拡張パック『Apocrypha』発表
『EVE Online』過去最大の無料拡張パック、Empyrean Ageを発表 ※UPDATE
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』プレイヤー数が3500万人を突破…2017年だけで1000万人増

    『オーバーウォッチ』プレイヤー数が3500万人を突破…2017年だけで1000万人増

  2. スイッチ版『DOOM』の海外発売日が決定!―開発者インタビュー映像も公開

    スイッチ版『DOOM』の海外発売日が決定!―開発者インタビュー映像も公開

  3. 【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう

    【動画プレイレポ】『サイコブレイク2』容赦ない描写を体験!怖い、行きたくない…でも進んじゃう

  4. 人気「独裁」シム『MEGA盛り トロピコ5 コンプリートコレクション』体験版配信

  5. 【9/19更新】『モンスターハンター:ワールド』新要素や発売日は?現時点の情報まとめ

  6. 『アサシンクリード オリジンズ』海外実写映像―燃え盛る宮殿…原初のアサシンが見る行末は

  7. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  8. 『Call of Duty: WWII』発売日や武器の詳細は?現時点の情報まとめ

  9. 『オーバーウォッチ』最新パッチノート!ハロウィンイベントと共にバランス調整も

  10. ハイクオリティー横スクACT『Cuphead』売上本数100万本突破、記念イラストも【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top