「ゴミ」「Epic Fail」… PC版『Modern Warfare 2』のユーザー評価がやばいことに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「ゴミ」「Epic Fail」… PC版『Modern Warfare 2』のユーザー評価がやばいことに

PC Windows



デディケイテッドサーバーの非対応マルチプレイモード参加人数の変更などにより、一部のゲーマーから「家庭用版の移植だ」などと批判が強まっていたPC版Call of Duty: Modern Warfare 2。海外サイトにおけるそのユーザー評価がやばいことになっています。

大手ゲームサイトのIGNでは、9.5の高得点が付けられた記者のレビューとは裏腹に、200件以上が掲載された読者レビューの平均得点は1.6。「2009年最大の失敗」「ゴミ」「Epic Fail」などと厳しい意見が寄せられ、大半の読者が0点を付けています。また、1500人近くがレビューを投稿したMetacriticでも平均点は1.3という散々な結果で、とりわけマルチプレイモードに対する批判が多く見受けられます。

一方、米Amazon.comでも同じような状況で、170件以上が投稿されたカスタマーレビューの平均点は1.5。「買うな」「最悪」「ふざけんな」等々、失望のコメントが多数掲載され、Infinity WardやActivision、さらにはBobby Kotick社長やValveのSteamまで、PCゲーマーの怒りはあちこちに飛び火しているようです。

こうした厳しいユーザーの意見は、主にマルチプレイモードの仕様やプレイ環境に向けられたものだと留意する必要がありますが、今後発売されるマルチプラットフォーム作品のあり方をメーカーがもう一度見直す必要があるのかもしれません。(ソース: News Game Network via N4G)


【関連記事】
「Steamはトロイの木馬」ライバルストアがPC版『Modern Warfare 2』の販売を拒絶
PC版『Modern Warfare 2』マルチプレイ対戦人数は前作32人から18人に変更
PC版『Modern Warfare 2』への批判強まる。専用サーバーを求める嘆願書に11万人が署名
PC版『Modern Warfare 2』はSteamWorksに対応。海外では予約受付が開始
PC版『Modern Warfare 2』の延期は無し。専用サーバーのサポートも…無し!?
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

    オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

  2. 復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

    復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

  3. オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

    オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

  4. Android NがPCで動くゲームプラットフォーム「BlueStacks +N」がオープンベータテスト開始

  5. 『PUBG』パルス調整を目的としたテストサーバのアップデート―新チートパターンも発見

  6. あの名作RTSが現代に蘇る!『Age of Empires: Definitive Edition』発売日決定

  7. GOGにて残虐カーアクション『Carmageddon TDR 2000』が48時間限定無料配布!【UPDATE2】

  8. 『METAL GEAR SURVIVE』日本語PC版予約開始!PS4/XB1向けβは1月18日より

  9. 『Fallout 4』で『3』再現するMOD「Capital Wasteland」開発中!ティーザー映像も

  10. Crytek新作『Hunt: Showdown』アルファテスト開始日決定!2018年1月末より

アクセスランキングをもっと見る

page top