露骨なダメージ表現…『Aliens Vs Predator』がオーストラリアでも発売禁止に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

露骨なダメージ表現…『Aliens Vs Predator』がオーストラリアでも発売禁止に

暴力表現が問題でドイツでの発売が見送りになったというSegaのAliens Vs Predatorですが、オーストラリアでも発売禁止になってしまったそうです。ゲーム中の露骨な頭部切断や部位ダメージ表現が問題になっています。

PC Windows
暴力表現が問題でドイツでの発売が見送りになったというSegaのAliens Vs Predatorですが、オーストラリアでも発売禁止になってしまったそうです。

最近ではLeft 4 Dead 2やCrimeCraftといった作品がレーティングを拒否されて発禁扱いになっていますが、今作でもゲーム中の露骨な頭部切断や、胸、喉、口、目といった特定部位のリアルなダメージ表現が問題に。また、Predatorが人間の頭部をトロフィー代りに集めるといった残酷表現も原因の1つに挙げられています。

こうしたバイオレンス描写を修正しない限り同国でゲームを発売することができないそうですが、あのLeft 4 Dead 2のようにクリーンな表現に修正されてしまうのでしょうか。(ソース: Joystiq: Australian Classification Board vs Aliens Vs Predator)


【関連記事】
マルチプレイ映像初公開!『Aliens vs. Predator』最新トレイラー
SEGA、暴力表現規制の厳しさから『Aliens vs. Predator』のドイツ発売を断念
猛スピードで迫る黒い影、響き渡る断末魔。『Aliens vs. Predator』最新トレイラー
海兵隊の視点で恐怖を体感!『Aliens vs. Predator』の最新トレイラーが公開
ソフトな表現になってしまった『Left 4 Dead 2』オーストラリア修正版プレイ動画
《Rio Tani》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

PC アクセスランキング

  1. Valve、Steamアカウントのリージョン変更制限をさらに強化へ―居住地情報の変更は3ヶ月に1回のみ

    Valve、Steamアカウントのリージョン変更制限をさらに強化へ―居住地情報の変更は3ヶ月に1回のみ

  2. 他人のプロフ画像にご用心!Steamでプロフ画像をダウンロードするとマルウェア感染のきっかけになるおそれ

    他人のプロフ画像にご用心!Steamでプロフ画像をダウンロードするとマルウェア感染のきっかけになるおそれ

  3. 『Iron Harvest』『LIMBO』『Gang Beasts』などが対象に! ゲームサブスク「Xbox Game Pass」6月後半提供予定作品が告知

    『Iron Harvest』『LIMBO』『Gang Beasts』などが対象に! ゲームサブスク「Xbox Game Pass」6月後半提供予定作品が告知

  4. リアル系FPSシリーズ1作目『Arma: Cold War Assault』が6月25日午前3時まで無料配布中!

  5. サマーセールの開催近づく!Steamのデータベースにミステリーカードが登録

  6. 『天穂のサクナヒメ』開発者を爆笑させた“肥溜め保存”がついに修正―未使用ボイスの実装、犬と猫の同時抱っこなど嬉しい追加要素も

  7. 『原神』新★5キャラ「楓原万葉」の詳細公開!一人称の「拙者」や語尾の「ござる」など、その姿は“いかにもな武士”

  8. 映画「エイリアン」原作3人Co-opTPS『Aliens: Fireteam』改め『Aliens: Fireteam Elite』海外8月24日発売決定―予約購入受付中

  9. ハードコア協力FPS『GTFO』正式リリースに向けた最新ランダウン「Rebirth://EXTENDED」が配信開始!

  10. 『Apex Legends』次回アプデで「スカルタウン」の復活が示唆!パッチノートは6月25日公開

アクセスランキングをもっと見る

page top