次回作にも搭載?『Halo 3: ODST』のマッチング仕様が招待専用であった理由を明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次回作にも搭載?『Halo 3: ODST』のマッチング仕様が招待専用であった理由を明らかに

家庭用ゲーム Xbox360

今年の9月に発売となったHalo 3: ODST。本作は海外レビューでハイスコアとなるも、モードの一つである“ファイアファイト”に関しては、マッチング仕様が招待専用であった為ユーザーからは幾つか不満の声が挙がっていました。そして今回その理由についてBungieのLars Bakken氏が、海外サイトG4tvにて改めて明らかにしています。

“最初にファイアファイトをあれこれ試している時に、皆がそれにマッチメイキングを付けたいと思っていた事がわかりました。その実現にはネットワーク側に多額の投資を必要とする事、つまりより多くの人員が必要だとわかり、その案は残念ながらすぐに却下になりました。Halo 3エンジンは私達の同期ネットワークモデル(キャンペーン、ファイアファイトで使用)ではマッチメイキングをサポートしていなく、このプロジェクトの範囲内でそれを可能とする事は出来なかったのです。”

このようにエンジンの仕様の他、制約により実現が難しかった事を明らかにしています。12月12日にVGA 09で最新映像が初公開となるHalo: Reachは、Bungie最後のHaloフランチャイズ作品となる事や、新たなグラフィックエンジンを採用するなどの噂が挙がっていますが、Bakken氏は「ファイアファイトは将来のBungie製Haloゲームに戻ってくるでしょうか?それは時間だけが答えてくれるでしょう。」と意味深なコメントも残しているようです。(ソース: G4tv)

【関連記事】
『Halo 3: ODST』がトップ!PS3は前月比2倍。9月の北米ハード&ソフトセールスランキング
海外レビューハイスコア 『Halo 3: ODST』
Bungieからオリジナルタイトルが登場?公式サイト上で作家などの開発者を求人
VGA 09で『Halo: Reach』がワールドプレミア! GOTYノミネート作品も発表
《Round.D》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

    『オーバーウォッチ』新スキン映像が続々公開!キュートな新スプレーやアイコンも確認可能

  2. 『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

    『マインクラフト』2017年12月アクティブユーザーが機種合算で7,400万人突破―歴代記録更新

  3. 『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

    『メタルギア サヴァイヴ』ゴキゲンなCo-opトレイラー!「メタルギアRAY」登場!?

  4. プラチナゲームズ新作『グランブルーファンタジー PROJECT Re: LINK(仮)』ド派手ゲームプレイ!

  5. 『メタルギア サヴァイブ』PS4/Xbox One向け国内βテスト開始―1月21日まで

  6. 任天堂「2017年 年間ダウンロードランキング」発表―スイッチ/3DSのタイトルは?

  7. 『アサシンクリード オリジンズ』アップデート詳細海外発表―拡張「隠れし者」など

  8. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  9. リマスター版『ダークソウル』ハードによる違いはあるの?公式サイトにて仕様が公開

  10. PS4版『ボーダーブレイク』オープンβスケジュールを発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top