AvP発売禁止の豪州、司法長官「人を突き刺すゲームをする必要はない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

AvP発売禁止の豪州、司法長官「人を突き刺すゲームをする必要はない」

先日オーストラリアで発売禁止となったSEGAのAliens vs. Predator。今回オーストラリアの司法長官であるMichael Atkinson氏が、海外ニュース番組ABC Newsにて今回の分類拒否の決定をこのように弁護しています。

PC Windows
先日オーストラリアで発売禁止となったSEGAのAliens vs. Predator。その発売禁止になった背景には同国のゲームにおける最高レーティングがMA15+(15歳未満販売禁止)までしかなく、開発者がそれに合わせた表現内容の修正は行わないとする意向により発売禁止となりました。

そして今回オーストラリアの司法長官であるMichael Atkinson氏は、海外ニュース番組ABC Newsにて今回の分類拒否の決定をこのように弁護しています。

“疑問があるのは社会に自分の意志を押し付けようとする少数の非常に熱心なゲーマー達であり、私は社会悪だと思っています。
 私はゲーマーの98、99%は空想と現実の違いが分かると認めます。しかしその1、2%はそれらのゲームにより、暴力的なひどく残虐な行為を動機付けする理由となるでしょう。 
 あなたは人を突き刺したり、首を切り落としたり切断するゲームをプレイする必要はありません。”

対してインタラクティブゲームとエンターテイメント団体のIGEAは「広大なオーストラリア住民とやり取りが可能でなければ、一人の司法長官が決定するというのは民主的とは思えない。政府は映画の対象を大人達と信じているが、ゲームが子供達だけの物であると望んでいるようだ。」と豪州では映像作品にだけ18歳以上のレーティングが適用されている事を例に挙げ、このAtkinson氏の決定に反論。

最近ではLeft 4 Dead 2が同国の基準に基づきソフトな表現になり発売され、レビュー評価にも大きな影響を与えました。オーストラリアゲーマーの間でも抗議イベントが起こるなど、今後も大きな論点となりそうなこの問題。果たして円満を迎える時は来るのでしょうか。(ソース: Gamepolitics)

【関連記事】露骨なダメージ表現…『Aliens Vs Predator』がオーストラリアでも発売禁止に
『Aliens Vs Predator』のRebellionが豪州版発売禁止の処分に対し苦言
SEGA、暴力表現規制の厳しさから『Aliens vs. Predator』のドイツ発売を断念
発売日も決定?『Aliens vs. Predator』には複数の限定版を用意
《Round.D》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 日本向け販売中止の『The Callisto Protocol』発売―予約購入者の中には起動可能との声も

    日本向け販売中止の『The Callisto Protocol』発売―予約購入者の中には起動可能との声も

  2. ハクスラARPG『Path of Exile』待望の日本語対応!リリースから9年の時を経て実装

    ハクスラARPG『Path of Exile』待望の日本語対応!リリースから9年の時を経て実装

  3. 2013年発売PC版『Saints Row IV』の「Re-Elected」無料アップグレード&クロスプレイ化発表!12月9日EGSでの本編無料配布にあわせ実施

    2013年発売PC版『Saints Row IV』の「Re-Elected」無料アップグレード&クロスプレイ化発表!12月9日EGSでの本編無料配布にあわせ実施

  4. Steamでも『戦え原始人』!『Joe & Mac: Caveman Ninja』ジョーとマックがリメイクで帰ってきた

  5. リアルタイムダンジョン生成型ローグライクACT『MISTROGUE』正式タイトル決定―新ティザームービー&キービジュアル公開

  6. オープンワールドサバイバル『Rooted』がアルファテスト応募者を募集中―荒廃した細菌戦争後の世界を体験せよ

  7. レトロ風な電子工作シム『Retro Gadgets』早期アクセス開始!プログラミングにも対応した本格仕様

  8. 新作シミュレーションRPG『マーベル ミッドナイト・サンズ』PC/PS5/Xbox Series X|S向けに発売!

  9. 『KOF XV』2023年1月よりシーズン2開始!シーズン2DLCキャラ第1弾は“矢吹真吾”、さらに全キャラクターのバランス調整も実施

  10. 『Need for Speed Unbound』Twitterアカウントでの数々の暴言に関しEAが謝罪―“SNS上での返信が一線を越えてしまった”

アクセスランキングをもっと見る

page top