GDC 10: 『FFXIII』は開発の長期化が問題、将来のFFシリーズでは従来のRPG要素復活も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 10: 『FFXIII』は開発の長期化が問題、将来のFFシリーズでは従来のRPG要素復活も

鳥山求氏が、 ファイナルファンタジーXIII に関するインタビューに応えています。海外でも発売されたFFXIIIで、一貫して批判の対象となったといわれているのが、主要な伝統的RPGにあるはずの要素の欠如だといわれています。

家庭用ゲーム Xbox360
スクウェア・エニックスの鳥山求氏が、海外サイトによるファイナルファンタジーXIIIに関するインタビューに応えています。海外でも発売されたFFXIIIで、一貫して批判の対象となったのが、主要な伝統的RPGにあるはずの(探索可能な街といった)要素の欠如だといわれています。氏はその点について、HD機での開発の困難、ゲームエンジンの制作などをあげています。

氏は、HD機でない過去のFFにおいては、チームのアイデアを取り入れ、ミニゲームや街、住民といった様々な小さな要素を盛り込むことができた(“弁当箱システム”と呼ばれる)が、HD機では開発が長期にわたることでそれが出来なかったと説明。「もし他の要素をすべて盛り込んでいれば、開発はさらに長くなったでしょう」と話し、その代わりとして、本当に重要な面だけを強調することにしたと話しています。また、ゼロからつくったゲームエンジン“クリスタルツールズ”も開発期間に影響を及ぼしたとしています。

今後は、ベースとなる技術があることから、「あなたが次にFFを見るとき、我々は過去にあった要素をたくさん盛り込むことができるかもしれません」として、将来的なFFシリーズでは、FFXIIIで見られなかった要素の復活を示唆する発言をしています。

また「我々は追加のダウンロードコンテンツをつくることもできます」との発言も見られます。この発言がFFXIIIのDLCを意味するのかははっきりしていませんが、情報元では「可能性はまだ残されているようだ」としています。(ソース: Gamasutra)


【関連記事】





《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ゲーム内で銃がジャムればDualSenseトリガーも固まる―PS5版『DEATHLOOP』でのコントローラー機能紹介

    ゲーム内で銃がジャムればDualSenseトリガーも固まる―PS5版『DEATHLOOP』でのコントローラー機能紹介

  2. 『サイバーパンク2077』QAリードがプレイ時間の一例を紹介―175時間を超えて未クリア

    『サイバーパンク2077』QAリードがプレイ時間の一例を紹介―175時間を超えて未クリア

  3. 12月10日の発売迫る『サイバーパンク2077』新たにPS4 ProとPS5でのプレイ映像を公開!

    12月10日の発売迫る『サイバーパンク2077』新たにPS4 ProとPS5でのプレイ映像を公開!

  4. Amazon「ニンテンドースイッチ2020冬のソフトカタログキャンペーン」実施中―500円OFFクーポンがもらえる!

  5. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』全世界での累計出荷300万本突破―「無双」シリーズで初!

  6. 「PS5」ヨドバシ、イオン、ドンキで抽選販売開始!

  7. 競走馬育成シミュ最新作『ダービースタリオン』ゲーム内容をまとめた新トレイラー!

  8. 『Call of Duty: Black Ops Cold War』シリーズ人気マップ「Nuketown '84」が11月25日配信―今回の舞台は1984年

  9. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  10. 泥棒シム『Thief Simulator』国内スイッチ版トレイラー公開―スイッチでどこでも盗人体験

アクセスランキングをもっと見る

page top