GDC 10: 『FFXIII』は開発の長期化が問題、将来のFFシリーズでは従来のRPG要素復活も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GDC 10: 『FFXIII』は開発の長期化が問題、将来のFFシリーズでは従来のRPG要素復活も

家庭用ゲーム Xbox360

スクウェア・エニックスの鳥山求氏が、海外サイトによるファイナルファンタジーXIIIに関するインタビューに応えています。海外でも発売されたFFXIIIで、一貫して批判の対象となったのが、主要な伝統的RPGにあるはずの(探索可能な街といった)要素の欠如だといわれています。氏はその点について、HD機での開発の困難、ゲームエンジンの制作などをあげています。

氏は、HD機でない過去のFFにおいては、チームのアイデアを取り入れ、ミニゲームや街、住民といった様々な小さな要素を盛り込むことができた(“弁当箱システム”と呼ばれる)が、HD機では開発が長期にわたることでそれが出来なかったと説明。「もし他の要素をすべて盛り込んでいれば、開発はさらに長くなったでしょう」と話し、その代わりとして、本当に重要な面だけを強調することにしたと話しています。また、ゼロからつくったゲームエンジン“クリスタルツールズ”も開発期間に影響を及ぼしたとしています。

今後は、ベースとなる技術があることから、「あなたが次にFFを見るとき、我々は過去にあった要素をたくさん盛り込むことができるかもしれません」として、将来的なFFシリーズでは、FFXIIIで見られなかった要素の復活を示唆する発言をしています。

また「我々は追加のダウンロードコンテンツをつくることもできます」との発言も見られます。この発言がFFXIIIのDLCを意味するのかははっきりしていませんが、情報元では「可能性はまだ残されているようだ」としています。(ソース: Gamasutra)


【関連記事】





《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』「Mission Outbreak」ARGのフェイズ1が完了、予告サイトが一般公開に

    『レインボーシックス シージ』「Mission Outbreak」ARGのフェイズ1が完了、予告サイトが一般公開に

  2. 『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される

    『Bloodborne』PSX2014の“炎の死体の巨人”が3年越しに発見される

  3. 『スプラトゥーン2』ハイドラントがついに11月25日に登場!新ブキの情報も公開

    『スプラトゥーン2』ハイドラントがついに11月25日に登場!新ブキの情報も公開

  4. 『モンスターハンター:ワールド』モンスターの生態や世界観に迫る「ワールド図鑑」第2弾8種類が公開

  5. PS4侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』時代やゲームシステムは?現時点の情報まとめ

  6. ウォークマンやワイヤレスヘッドホン・スピーカーの『モンハン:ワールド』コラボモデルが発売決定

  7. 『FIFA 18』ユーザーによるボイコット運動が勃発―ゲーム内課金要素も関連?

  8. 【特集】PS4『サドン ストライク 4』過酷な戦場で役立つ戦術10選―新兵向け基本のキからネタ戦術まで

  9. 「Amazon サイバーマンデーセール」でNintendo Switch限定版が販売決定!

  10. PS4/Xbox One『PAYDAY 2: Crimewave Edition』拡張DLCパック「The Master Plan」発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top