ベヨネッタの改良エンジンを採用!『VANQUISH』海外誌プレビュー情報 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ベヨネッタの改良エンジンを採用!『VANQUISH』海外誌プレビュー情報

あの三上真司氏が開発を指揮するプラチナゲームズの新作シューターVANQUISH。イタリアのゲームマガジンPlay Generationで本作の特集記事が掲載され、いくつかの気になるディテールが明らかになっているのでご紹介します。

家庭用ゲーム Xbox360
あの三上真司氏が開発を指揮するプラチナゲームズの新作シューターVANQUISH(ヴァンキッシュ)。イタリアのゲームマガジンPlay Generationに本作の特集記事が掲載され、いくつかの気になるディテールが明らかになっているのでご紹介します。

* 主人公の白いアーマーは生きているかのように緑に光る。アーマーのいくつかの部分はスライドしたり変形する。

* 主人公はヘルメットは外すとタバコを吸う(笑)

* 影響を受けた作品はGears of WarとCall of Duty。

* 本作はゲームキューブのP.N.03と似ており、隠れた後継者でもある。

* 画面に表示されるオブジェクトの数、ディテールの細かさ、驚異的なスピードは信じがたい。

* 三上氏いわくプレイヤーは本作にオンラインCo-opが必要だとは感じない。

* 三上氏いわく(情報量のあまりにも多い)本作のゲームプレイを制限のあるオンラインモードに移植するのは不可能に近い。

* ボスバトルにQTEがある。

* 本作で使われているゲームエンジンは、ベヨネッタで使われていたエンジンを大幅にアップグレードした改良版。


(ソース&イメージ: PlatinumGames Forums)


【関連記事】
プラチナゲームズの『VANQUISH』がPS3をリードプラットフォームにした理由
三上氏: 『VANQUISH』はマルチプレイモードを実装しない
プラチナゲームズ新作シューター『VANQUISH』初公開スクリーンショット
プラチナゲームズの最新作は『Vanquish』!デビュートレイラーが公開
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 電車運転シム最新作『電車でGO!! はしろう山手線』PS4版リリース!

    電車運転シム最新作『電車でGO!! はしろう山手線』PS4版リリース!

  2. 【吉田輝和の絵日記】ダイナミックな技や神獣を操って無数の敵を蹂躙!『ゼルダ無双 厄災の黙示録』

    【吉田輝和の絵日記】ダイナミックな技や神獣を操って無数の敵を蹂躙!『ゼルダ無双 厄災の黙示録』

  3. 『スィーフ シミュレーター』改め国内スイッチ版『泥棒シミュレーター』リリース―リアルな泥棒体験がどこでも気軽に

    『スィーフ シミュレーター』改め国内スイッチ版『泥棒シミュレーター』リリース―リアルな泥棒体験がどこでも気軽に

  4. 『P5R』『P5S』が日本・アジア地域でともに50万本突破!『ペルソナ』シリーズは累計で1,300万本

  5. ゲームサブスク「Xbox Game Pass」12月の対応ラインナップが発表―『CONTROL』『ドラクエ11S』など

  6. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  7. エクササイズソフト最新作『Fit Boxing 2 -リズム&エクササイズ-』スイッチ向けに配信開始―今回のインストラクターは鬼コーチに変貌?

  8. ハードコアオープンワールドRPG『Outward』開発者解説動画の日本語字幕版が順次公開予定

  9. 本日12月3日は「プレイステーションの日」!プレステ26周年を記念したキャンペーン開催中

  10. 待望の『サガ フロンティア リマスター』はどこが進化したのか? その新要素やHDグラフィックを改めてチェック!

アクセスランキングをもっと見る

page top