『Halo MMO』の開発が中止になった理由は… 当時のスタッフが告白 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Halo MMO』の開発が中止になった理由は… 当時のスタッフが告白

PC Windows



2008年に閉鎖したEnsemble Studiosは、Halo Warsを手がける以前にHaloのMMO作品を開発していたことが明らかになっていますが、当時の開発者の一人が、今まで知られていなかったHalo MMOの裏話を海外サイトに伝えています。

元EnsembleのスタッフであるDusty Monk氏がIncGamersに語ったところによると、HaloのMMOは“Titan”というコードネームで呼ばれ、2004年頃からMicrosoftが9000万ドルを投じる長期大型プロジェクトとして開発が進められていたそうです。



Age of Empiresシリーズなどのヒットで勢いのあった当時のEnsembleは、現在はBlizzardに移籍したGreg Street氏(別名Ghostcrawler)をはじめ有能なスタッフに溢れ、Monk氏いわく、Halo MMOはWorld of Warcraftと競い合うポテンシャルが十分にあったとのこと。

しかし、ニンテンドーWiiの爆発的な成功を目にしたMicrosoftが、カジュアルで幅広いユーザー層に向けた方針へ転換することになり、“Titan”プロジェクトは中止を余儀なくされたそうです。

Xboxでは絶大な人気を誇るHaloフランチャイズですが、もしMMO作品の発売が実現していたらBlizzardと競い合いことができたか、興味深いものがありますね。(ソース: IncGamers: Cancelled Halo MMO Details)


【関連記事】
HaloのMMOまで開発していた…『Ensemble Studios』 Bruce Shelley氏が閉鎖について語る
『Halo Wars』『Age of Empires』のEnsemble Studiosが閉鎖、MSが公式に認める
本当に存在した… 『Halo DS』 幻のゲームプレイ動画
海外MMOメーカー幹部: 『World of Warcraft』を超えるゲームはない
『ファイナルファンタジーXIV』は『WoW』の競争相手になる−スクエニ和田社長
343 Industries、「Haloの世界を舞台にした新体験」の開発に着手?
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. PC版『アサシン クリード4 ブラックフラッグ』が期間限定無料配布!―シリーズ生誕10周年記念

    PC版『アサシン クリード4 ブラックフラッグ』が期間限定無料配布!―シリーズ生誕10周年記念

  2. PC向け『Grim Fandango』海外リマスター版が期間限定無料配布―メキシコとノワールが融合したADV

    PC向け『Grim Fandango』海外リマスター版が期間限定無料配布―メキシコとノワールが融合したADV

  3. 『ファイプロ ワールド』正式版配信日決定!高山選手チャリティーDLCや団体運営モードも

    『ファイプロ ワールド』正式版配信日決定!高山選手チャリティーDLCや団体運営モードも

  4. 『BLESS』の日、12月は限定アイテムコードがプレゼント―アップデート情報も

  5. 隣人系ステルスホラーゲーム『Hello Neighbor』遂に正式配信!Steamレビューでは「賛否両論」の声

  6. 攻城兵器シム『Besiege』にマップエディタ&マルチプレイ実装!自作兵器同士のデスマッチが実現

  7. 『QWOP』開発者の新作『Getting Over It』が10月に登場!―釜に入った男がハンマーで山越え

  8. 『PUBG』PC版3次テストサーバーがオープン!―開発チームからお礼のメッセージも

  9. 『PUBG』PC版正式リリースは12月20日に決定!―テストサーバーも12月8日よりスタート

  10. 釜男が山登る『Getting Over It with Bennett Foddy』配信―不自由なハンマーだけが友達さ

アクセスランキングをもっと見る

page top