『Splinter Cell: Conviction』の過激な宣伝活動で警察沙汰に−ニュージーランド | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Splinter Cell: Conviction』の過激な宣伝活動で警察沙汰に−ニュージーランド

PC Windows


先週Xbox 360版が北米および欧州にて発売されたSplinter Cell: Convictionですが、ニュージーランドで行われた宣伝活動がその過激さ故に警察沙汰となってしまったようです。

New Zealand Heraldによればその宣伝活動とは、AucklandのViaduct Basinにて一人の男性が付近の民間人に銃(もちろん偽物)を向けながらうろつくというものだったそうです。当然の事ながらこの宣伝活動は大騒ぎとなってしまい警察が出動するハメに……。

Splinter Cell: Convictionのニュージーランドでの宣伝を担当したプロモーターMonaco Corporationは、「イベントを依頼したマーケティング会社が銃を使うとは思わなかった」と弁明するとともに今回の件を謝罪しました。

こうした宣伝活動にはインパクトが必要ですが、やりすぎは良くありませんね(汗)。今回は注意だけで済みましたが、下手をしたら強盗か何かと思われて撃たれていたかもしれません……。
(ソース: New Zealand Herald via VG247, イメージ: Joystiq)

(c)2010 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.

【関連記事】
Ubisoft公式サイトにPS3版『Splinter Cell: Conviction』のヒントが?
GamesRadar: PS3版『Splinter Cell: Conviction』は99%の確率で発売される
海外レビューハイスコア 『Splinter Cell: Conviction』
Ubisoft、『Splinter Cell: Conviction』の無料DLCを毎週配信予定
インドの惨事で『Splinter Cell』の声優さんが、本物のテロリスト相手に命がけのサバイバル
任天堂に100日間の引きこもりストライキ、早期に終了… 警察が出る騒ぎに
ロングビーチ空港で90分に及ぶ避難騒動、原因はあのゲーム機
警察がララ・クロフトの人形を強盗と勘違いして民家を強襲
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. エイリアンと戦う武器は“現地製作”!弾幕飛び交うローグライトFPS『MOTHERGUNSHIP』プレイレポ

    エイリアンと戦う武器は“現地製作”!弾幕飛び交うローグライトFPS『MOTHERGUNSHIP』プレイレポ

  2. 『PUBG』公式ゲームアイテムにもなった人気ストリーマーShroudが1ヶ月のBANへ―原因は野良ユーザーの“チート”【UPDATE】

    『PUBG』公式ゲームアイテムにもなった人気ストリーマーShroudが1ヶ月のBANへ―原因は野良ユーザーの“チート”【UPDATE】

  3. 美少女ガンシューティングゲーム『ぎゃる☆がん2』PC版がSteam/DMM配信開始!

    美少女ガンシューティングゲーム『ぎゃる☆がん2』PC版がSteam/DMM配信開始!

  4. Steamストアフロント拡張プログラム「Enhanced Steam」開発終了―2019年1月31日にサーバーも停止に

  5. 農業生活シム『Stardew Valley』PC版マルチプレイヤー正式配信日発表!

  6. 死のトラップを駆け抜ける物理演算ACT『Guts and Glory』正式リリース! 海外コンソール版も発売

  7. 美少女化“呂布”を娘にして育てよう!育成SLG『Lu Bu Maker』Steam配信開始―日本語対応

  8. 90年代32bit風サバイバルホラー『Prototype Mansion』配信開始!―初期『バイオハザード』の雰囲気

  9. 週末セール情報ひとまとめ『COD: WWII』『Hollow Knight』『Cuphead』『Enter the Gungeon』他

  10. 光学技術/メカニカルスイッチ採用ゲーミングキーボード「Razer Huntsman/Huntsman Elite」国内発売が決定

アクセスランキングをもっと見る

page top