『Splinter Cell: Conviction』の過激な宣伝活動で警察沙汰に−ニュージーランド | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Splinter Cell: Conviction』の過激な宣伝活動で警察沙汰に−ニュージーランド

PC Windows


先週Xbox 360版が北米および欧州にて発売されたSplinter Cell: Convictionですが、ニュージーランドで行われた宣伝活動がその過激さ故に警察沙汰となってしまったようです。

New Zealand Heraldによればその宣伝活動とは、AucklandのViaduct Basinにて一人の男性が付近の民間人に銃(もちろん偽物)を向けながらうろつくというものだったそうです。当然の事ながらこの宣伝活動は大騒ぎとなってしまい警察が出動するハメに……。

Splinter Cell: Convictionのニュージーランドでの宣伝を担当したプロモーターMonaco Corporationは、「イベントを依頼したマーケティング会社が銃を使うとは思わなかった」と弁明するとともに今回の件を謝罪しました。

こうした宣伝活動にはインパクトが必要ですが、やりすぎは良くありませんね(汗)。今回は注意だけで済みましたが、下手をしたら強盗か何かと思われて撃たれていたかもしれません……。
(ソース: New Zealand Herald via VG247, イメージ: Joystiq)

(c)2010 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.

【関連記事】
Ubisoft公式サイトにPS3版『Splinter Cell: Conviction』のヒントが?
GamesRadar: PS3版『Splinter Cell: Conviction』は99%の確率で発売される
海外レビューハイスコア 『Splinter Cell: Conviction』
Ubisoft、『Splinter Cell: Conviction』の無料DLCを毎週配信予定
インドの惨事で『Splinter Cell』の声優さんが、本物のテロリスト相手に命がけのサバイバル
任天堂に100日間の引きこもりストライキ、早期に終了… 警察が出る騒ぎに
ロングビーチ空港で90分に及ぶ避難騒動、原因はあのゲーム機
警察がララ・クロフトの人形を強盗と勘違いして民家を強襲
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 攻城兵器シム『Besiege』にマップエディタ&マルチプレイ実装!自作兵器同士のデスマッチが実現

    攻城兵器シム『Besiege』にマップエディタ&マルチプレイ実装!自作兵器同士のデスマッチが実現

  2. 隣人系ステルスホラーゲーム『Hello Neighbor』遂に正式配信!Steamレビューでは「賛否両論」の声

    隣人系ステルスホラーゲーム『Hello Neighbor』遂に正式配信!Steamレビューでは「賛否両論」の声

  3. 『PUBG』PC版3次テストサーバーがオープン!―開発チームからお礼のメッセージも

    『PUBG』PC版3次テストサーバーがオープン!―開発チームからお礼のメッセージも

  4. 『QWOP』開発者の新作『Getting Over It』が10月に登場!―釜に入った男がハンマーで山越え

  5. 釜男が山登る『Getting Over It with Bennett Foddy』配信―不自由なハンマーだけが友達さ

  6. 『PUBG』PC版正式リリースは12月20日に決定!―テストサーバーも12月8日よりスタート

  7. 北朝鮮vsアメリカFPS『Homefront』Steam版、期間限定でHumbleストアにて無料配信中!

  8. 週末セール情報ひとまとめ『仁王』『Assassin's Creed Origins』『Cuphead』『Destiny2』『HOMEFRONT』他

  9. ゾンビFPSゲーム『Overkill's The Walking Dead』間もなく新情報公開に!

  10. 【特集】バトロワシューター『PUBG』が遊ばれ続ける10の理由

アクセスランキングをもっと見る

page top