IWを去った元開発者が続々とRespawnへ。Activisionからは問題発言も…? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

IWを去った元開発者が続々とRespawnへ。Activisionからは問題発言も…?

ニュース 最新ニュース

Infinity Wardの開発者達が、Jason West氏とVince Zampella氏がElectronic Arts傘下で設立した新スタジオRespawn Entertainmentへ、続々と移籍を始めているようです。

LinkedInプロフィールから見つかった情報によると、Respawn Entertainmentへの入社が確認されたのは、いずれも今月Infinity Wardを辞職していた以下の7名。

* Todd Alderman(リードゲームデザイナー)
* Mackey McCandlish(リードゲームデザイナー)
* Mark Grigsby(リードアニメーター)
* John Paul Messerly(リードアニメーター)
* Chris Cherubini(リード環境アーティスト)
* Rayme C. Vinson(ソフトウェアエンジニア)
* Jon Shiring(プログラマー)

一方、ActivisionとInfinity Ward間のトラブルについて、Activisionのコミュニティーマネージャーである人物は、以下のようなコメントをFacebookグループに投稿したそうです。

“おそらくさらに多くのスタッフが、新しい環境を求めてInfinity Wardを去るだろう。もしかすると彼らはRespawnに加わるかもしれない。(中略)私には理解できない、なぜなら彼らはボーナスを断念しているからだ。スタジオを抜けるスタッフが増えれば、残ったスタッフはさらに大きなボーナスを得るだろう。若くて野心があり、新たなゲームへのビジョンがあるスタッフには、現在のInfinity Wardは最高の場所だと私は考える。”

また同人物は、2011年の終わりまでに3つの新作Call of Dutyを発売すると認めたとのことで、その発言内容に注目が集まっています。(ソース: G4tv: Seven (And Counting) Ex-Infinity Ward Employees Join Respawn, CVG: Activision: 'More will leave Infinity Ward')


【関連記事】
「Infinity Wardはもう死んでいる」−インサイダー情報
アナリスト: スタッフが抜けてもInfinity Wardはヒット作を生み出せる
これはヤバイ…Infinity Ward退社メンバーがよく分かるリスト
噂: Infinity Wardからさらに四名のキーメンバーが退社
EAの新スタジオ設立にActivisionがコメント、IWでは別のスタッフが退社?
EA、Infinity Ward元幹部が指揮する新スタジオの設立を発表
Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響?
噂: Infinity Wardの主要スタッフがさらに二名退社
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

    アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  2. Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

    Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

  3. 『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

    『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

  4. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  5. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  6. アーク新作『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』発表!『RWBY』『ペルソナ4』『Under Night In-birth』夢の共演

  7. 誰も死ななくていいRPG『UNDERTALE』日本語版がPS4/Vita/PC向けに発売決定!

  8. 「Overwatch World Cup」日本代表が決定!キャプテンはStylishNoob選手

  9. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  10. 最恐ホラー『P.T.』が登場から1周年を迎える―意思を受け継ぐ注目作品&パロディ映像紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top