海外レビューハイスコア 『3Dドットゲームヒーローズ』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『3Dドットゲームヒーローズ』

海外で5月11日に発売予定の新作、3Dドットゲームヒーローズの海外レビューハイスコアです。レビューでは比較的多くのサイトから高評価を呼ぶ結果となり、現在のMetacritic平均スコアは80となっています。

家庭用ゲーム PS3



Gamer 2.0: 9/10
3Dドットゲームヒーローズはレトロでセクシーなアクションを探していたPS3オーナーにとって、ゼルダに手の届くファンタスティックなゲームです。この世界を探索しないのならばメインストーリーは12〜15時間、十分に探索するとゲームを終えるのに25時間掛かり、多くのサイドクエストもこなす事が出来た。

GamePro: 9/10
本作にはお気に入りになるたくさんの要素があり、多くの旧作ゲームからアイデアを取り入れている。その為、このゲームの価値が安く見えるかもしれないが、他からのアイデアで立派に成し遂げている事実を否定するのは難しい。
(中略)
ワールドマップの探索以外にも、パズルや数多くの敵、そしてボスが待ち構える7つのダンジョンを攻略するのに時間を費やせるだろう。

IGN: 8.5/10
他のゼルダを模倣した作品は、宮本氏等がクラシックゲームに注いだ遊び心を見失っているように思います。しかしながら本作は決してそのように取り繕ってはいなく、プレイすべきゲームです。

演出: 9/10
グラフィック: 8.5/10
サウンド: 6.5/10
ゲームプレイ: 8.5/10
持続性: 8.5/10

GameTrailers: 8/10
幾つかの弱点がありますが3Dドットゲームヒーローズは他からのアイデアを恥じること無く利用し、奇抜なプレゼンテーションと、優れたユーモアセンスで組み合わせています。たとえ10年以上ゲームをプレイしてもしていなくとも、ドットニア王国で楽しさを見つけることは簡単です。

1UP: 6.7/10
ゲームには非常に心奪われたし、少なくともそれは、私のひねくれたハートに火を付けるノスタルジック好きの感覚があった。実際、本作は皆の好みに合わないと分かる。ゲームの楽しさはあなたが20年前にNESゲームを遊んで過ごした時間に、直接比例するだろう。


* * * * * * *


海外で5月11日に発売予定の新作、3Dドットゲームヒーローズの海外レビューハイスコアです。国内ではフロムソフトウェアから2009年11月に発売された本作は、海外ではAtlus USAがパブリッシャーを手掛けています。レビューでは比較的多くのサイトから高評価を呼ぶ結果となり、現在のMetacritic平均スコアは80となっています。



旧作タイトルからのパロディ等も盛り込まれている本作は、旧来からのゲーマーに訴える内容と、新規プレイヤーでも楽しめるゲーム性が評価となっています。逆にマイナス点となったのは、ゼルダライクなゲームデザインでありながらも、そのレベルにまでダンジョンデザインが優れていないとの指摘が見られます。国内で昨年の11月に発売された本作は、現在ブロックディフェンスのステージ等が追加される2種類のDLCパックが配信されています。(ソース: Metacritic , イメージ: strategyinformer)

(C)2009 FromSoftware, Inc.

【関連記事】
海外レビューハイスコア 『Splinter Cell: Conviction』
海外レビューハイスコア 『Supreme Commander 2』
海外レビューハイスコア 『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』
海外レビューハイスコア 『Red Steel 2』
海外レビューハイスコア 『Just Cause 2』
《Round.D》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

    Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

  2. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

    『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  3. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

  4. PS4新作『GUNGRAVE GORE』はハーフ・オープンワールドに―IGGYMOBセッションレポート【TGS2018】

  5. スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

  6. 『アサシン クリード オデッセイ』ギリシア神話研究家 藤原シシンさんが語るコメンタリー動画が公開

  7. コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

  8. 『レッド・デッド・リデンプション2』には一人称視点モードが搭載!―海外ハンズオンで判明

  9. ダンテ参戦!『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

  10. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

アクセスランキングをもっと見る

page top