Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?

スタッフの集団離脱に拍車がかかるInfinity Wardですが、Activisionとのいざこざは悪化の一途を辿っているようです。同スタジオの40名近いスタッフがロイヤリティーの支払いを求めて集団訴訟を起こしました。

ニュース 最新ニュース
スタッフの集団離脱に拍車がかかるInfinity Wardですが、Activisionとのいざこざは悪化の一途を辿っているようです。LA Timesの報道から、同スタジオの40名近いスタッフが、パブリッシャーに対し契約違反やロイヤリティーの支払いを求めて集団訴訟を起こしたことが分かりました。

訴訟を起こしたのは、現役スタッフ17名と既に退社している元スタッフを合わせた総勢38名のInfinity Ward社員グループ(IWEG)で、これはModern Warfare 2開発チームの40%にあたる人数。

訴えの内容によれば、ActivisionはInfinity Wardに不適切な契約を結ばせ、同スタジオの社員が望まない形でModern Warfare 3の制作を強要し、将来の利益を得ようとしていたとのこと。Infinity WardのスタッフはActivisionに対し、最大で1億2500万ドルのロイヤリティーや5億ドルにも及ぶという損害賠償の支払いを要求しています。

一方、この訴訟を受けActivisionの幹部から声明が発表。それによると、同社はModern Warfare 2のボーナス支払いの時期や金額を慎重に検討しており、これまでも契約や法律に基づいて常に行動してきたと主張。法廷でも正当性を認められるべきだと述べています。(ソース: Shacknews, G4tv)


【関連記事】
Infinity Ward集団離脱: さらに3名が退社、2名がRespawn
Infinity Wardのスタッフ集団離脱、さらに5名が抜け脱退者は17名に
IWを去った元開発者が続々とRespawnへ。Activisionからは問題発言も…?
「Infinity Wardはもう死んでいる」−インサイダー情報
Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響?
『Modern Warfare 2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがActivisionを訴訟
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

    『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  2. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

    『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

  3. 海外版PS Now、PS4/PS2アーカイブスのPS4へのローカルダウンロード、DLC購入に対応

    海外版PS Now、PS4/PS2アーカイブスのPS4へのローカルダウンロード、DLC購入に対応

  4. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  5. VRステルスACT『Espire 1: VR Operative』発表! 新たな「VR酔い」対策も

  6. 『ロマンシング サガ3』HDリマスターおよび、シリーズ最新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』発売決定!

  7. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  8. 『レッド・デッド・リデンプション2』のオンラインモード『Red Dead Online』が発表!

  9. カメラが介す淡い初恋…韓国SmileGate 、PSVR用恋愛アドベンチャー『FOCUS on YOU』を発表【TGS2018】

  10. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

アクセスランキングをもっと見る

page top