Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?

ニュース 最新ニュース

スタッフの集団離脱に拍車がかかるInfinity Wardですが、Activisionとのいざこざは悪化の一途を辿っているようです。LA Timesの報道から、同スタジオの40名近いスタッフが、パブリッシャーに対し契約違反やロイヤリティーの支払いを求めて集団訴訟を起こしたことが分かりました。

訴訟を起こしたのは、現役スタッフ17名と既に退社している元スタッフを合わせた総勢38名のInfinity Ward社員グループ(IWEG)で、これはModern Warfare 2開発チームの40%にあたる人数。

訴えの内容によれば、ActivisionはInfinity Wardに不適切な契約を結ばせ、同スタジオの社員が望まない形でModern Warfare 3の制作を強要し、将来の利益を得ようとしていたとのこと。Infinity WardのスタッフはActivisionに対し、最大で1億2500万ドルのロイヤリティーや5億ドルにも及ぶという損害賠償の支払いを要求しています。

一方、この訴訟を受けActivisionの幹部から声明が発表。それによると、同社はModern Warfare 2のボーナス支払いの時期や金額を慎重に検討しており、これまでも契約や法律に基づいて常に行動してきたと主張。法廷でも正当性を認められるべきだと述べています。(ソース: Shacknews, G4tv)


【関連記事】
Infinity Ward集団離脱: さらに3名が退社、2名がRespawn
Infinity Wardのスタッフ集団離脱、さらに5名が抜け脱退者は17名に
IWを去った元開発者が続々とRespawnへ。Activisionからは問題発言も…?
「Infinity Wardはもう死んでいる」−インサイダー情報
Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響?
『Modern Warfare 2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがActivisionを訴訟
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 12作品収録!『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』国内発表

    12作品収録!『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』国内発表

  2. iOS版『ライフ イズ ストレンジ』日本語字幕入りで配信決定!エピソード4以降は2018年上旬予定

    iOS版『ライフ イズ ストレンジ』日本語字幕入りで配信決定!エピソード4以降は2018年上旬予定

  3. すべてが繋がるネオ・ノワールADV『Living Dark』ティーザー映像!

    すべてが繋がるネオ・ノワールADV『Living Dark』ティーザー映像!

  4. 野蛮サバイバル『Conan Exiles』の正式リリース日が決定!―特典付き限定版も

  5. バイクいじりシム『Motorbike Garage Mechanic Simulator』発表!

  6. 『PUBG』テストサーバー実施期間が延長、PC版正式リリースまで継続

  7. 『Overkill's The Walking Dead』崩壊したワシントンを描くトレイラーがお披露目!

  8. PC版『Assassin's Creed IV』の動作環境が公開、シリーズでPC版の発売が常に遅れている件に対しての回答も

  9. 『ストリートファイターV』シーズン3の新キャラ6人が発表!「さくら」「ブランカ」「サガット」など参戦【UPDATE】

  10. 『ファークライ5』『ザ クルー2』の発売延期が国内向けにも発表

アクセスランキングをもっと見る

page top