Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?

ニュース 最新ニュース

スタッフの集団離脱に拍車がかかるInfinity Wardですが、Activisionとのいざこざは悪化の一途を辿っているようです。LA Timesの報道から、同スタジオの40名近いスタッフが、パブリッシャーに対し契約違反やロイヤリティーの支払いを求めて集団訴訟を起こしたことが分かりました。

訴訟を起こしたのは、現役スタッフ17名と既に退社している元スタッフを合わせた総勢38名のInfinity Ward社員グループ(IWEG)で、これはModern Warfare 2開発チームの40%にあたる人数。

訴えの内容によれば、ActivisionはInfinity Wardに不適切な契約を結ばせ、同スタジオの社員が望まない形でModern Warfare 3の制作を強要し、将来の利益を得ようとしていたとのこと。Infinity WardのスタッフはActivisionに対し、最大で1億2500万ドルのロイヤリティーや5億ドルにも及ぶという損害賠償の支払いを要求しています。

一方、この訴訟を受けActivisionの幹部から声明が発表。それによると、同社はModern Warfare 2のボーナス支払いの時期や金額を慎重に検討しており、これまでも契約や法律に基づいて常に行動してきたと主張。法廷でも正当性を認められるべきだと述べています。(ソース: Shacknews, G4tv)


【関連記事】
Infinity Ward集団離脱: さらに3名が退社、2名がRespawn
Infinity Wardのスタッフ集団離脱、さらに5名が抜け脱退者は17名に
IWを去った元開発者が続々とRespawnへ。Activisionからは問題発言も…?
「Infinity Wardはもう死んでいる」−インサイダー情報
Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響?
『Modern Warfare 2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがActivisionを訴訟
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

    カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

  2. 『The Division 2』これまでに実施されたユービーアイ作品のβ版で最多登録者数を記録

    『The Division 2』これまでに実施されたユービーアイ作品のβ版で最多登録者数を記録

  3. サイバーパンクサイコホラー『Observer』日本語PS4版8月16日配信決定―狂気にアクセスせよ

    サイバーパンクサイコホラー『Observer』日本語PS4版8月16日配信決定―狂気にアクセスせよ

  4. EAが初代『Crysis』のマルチプレイヤーサポート終了を発表―「シングルプレイヤーキャンペーンを続けていただければ幸い」

  5. 『フォートナイト』のフィギュアなど公式グッズがFunkoより発売決定!

  6. ラヴクラフトゲーム新作『Call of Cthulhu』発売日決定! 予約受付も開始

  7. 『ジャストコーズ4』E3でのライブストリームから5本のフッテージ映像が公開!

  8. アトラスのイラストレーター・副島成記ドキュメンタリー映像―当初の『キャサリン』はエロティックじゃなかった?

  9. コミカルな病院経営シム『Two Point Hospital』8月30日にリリース決定ー予約購入で10%オフ

  10. 『GTAオンライン』ナイトクラブなどが追加される新アップデート詳細ー物件の大幅ディスカウントも

アクセスランキングをもっと見る

page top