Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?

スタッフの集団離脱に拍車がかかるInfinity Wardですが、Activisionとのいざこざは悪化の一途を辿っているようです。同スタジオの40名近いスタッフがロイヤリティーの支払いを求めて集団訴訟を起こしました。

ニュース 最新ニュース
スタッフの集団離脱に拍車がかかるInfinity Wardですが、Activisionとのいざこざは悪化の一途を辿っているようです。LA Timesの報道から、同スタジオの40名近いスタッフが、パブリッシャーに対し契約違反やロイヤリティーの支払いを求めて集団訴訟を起こしたことが分かりました。

訴訟を起こしたのは、現役スタッフ17名と既に退社している元スタッフを合わせた総勢38名のInfinity Ward社員グループ(IWEG)で、これはModern Warfare 2開発チームの40%にあたる人数。

訴えの内容によれば、ActivisionはInfinity Wardに不適切な契約を結ばせ、同スタジオの社員が望まない形でModern Warfare 3の制作を強要し、将来の利益を得ようとしていたとのこと。Infinity WardのスタッフはActivisionに対し、最大で1億2500万ドルのロイヤリティーや5億ドルにも及ぶという損害賠償の支払いを要求しています。

一方、この訴訟を受けActivisionの幹部から声明が発表。それによると、同社はModern Warfare 2のボーナス支払いの時期や金額を慎重に検討しており、これまでも契約や法律に基づいて常に行動してきたと主張。法廷でも正当性を認められるべきだと述べています。(ソース: Shacknews, G4tv)


【関連記事】
Infinity Ward集団離脱: さらに3名が退社、2名がRespawn
Infinity Wardのスタッフ集団離脱、さらに5名が抜け脱退者は17名に
IWを去った元開発者が続々とRespawnへ。Activisionからは問題発言も…?
「Infinity Wardはもう死んでいる」−インサイダー情報
Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響?
『Modern Warfare 2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがActivisionを訴訟
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

    タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

  2. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  3. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

    初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  6. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  7. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  8. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

  9. 新作ハクスラ『Last Epoch』Steamにて4月30日早期アクセス開始!4つの時代を股にかけ運命に抗え

  10. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top