カプコンが『Mega Man Universe』を商標登録 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコンが『Mega Man Universe』を商標登録

カプコンが米国特許商標庁(USPTO)に Mega Man Universe という商標を登録していたことが明らかとなりました。登録されたのは4月21日で、用途はコンピューターゲーム、ビデオゲーム、ダウンロードゲーム、スクリーンセイバー、音楽、壁紙、着メロを含む携帯電話用のア

PC Windows
カプコンが米国特許商標庁(USPTO)にMega Man Universeという商標を登録していたことが明らかとなりました。

その商標が新作および新シリーズのタイトルとなるのかは不明ですが、登録情報の使用用途の欄には、コンピューターゲーム、ビデオゲーム、ダウンロードゲーム、スクリーンセイバー、音楽、壁紙、着メロを含む携帯電話用のアプリケーションなど、多岐にわたる用途が記載されています。

“Universe”と付いていることからMMOではないか?とも噂されていますが、公式発表はされていないので詳細は不明。しかしながらカプコンのSeth Killian氏は先日DestructoidのPodcast“Bit Transmission”にて、ロックマンの未発表プロジェクトについて以下のような発言をしていました。
「幾つかのサプライズが皆を待ち構えています。(中略)プロジェクトに関する話を聞いたとき、私は本当に驚き興奮しました。プロジェクトの中身は見ていませんが、そのアイデアは刺激的でした」
彼が話しているプロジェクトが今回明らかとなったMega Man Universeなのでしょうか?今後の更なる情報には要注目です。
(ソース: Siliconera, GameSpot, VG247, Destructoid)

※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
ファンメイドの実写映画版『ロックマン』が5月7日に公開!
フルCGアニメーション風に再現!『ロックマン2』ボスキャラクター海外ファンアート
Safariマン?Quick Timeマン?アプリを『ロックマン』風に起動してしまうMac用ランチャー
約1,500枚のスクリーンショットで表現された『ロックマン』モザイクアート!
本日の一枚 『1250枚の折り紙で作られたロックマン!』
ファミコン風『Left 4 Dead』の作者が今度は『ロックマン9』をHDリミックス!
カプコン稲船氏、16ビットスタイルの新作『ロックマンX』に興味
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

    ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

  2. レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

    レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

  3. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  4. 『Arma 3』初のサードパーティ開発DLC「Global Mobilization - Cold War Germany」発表

  5. ダークなトップダウンシューターRPG『Beyond The Veil』配信―弾幕をくぐり抜けて生き残れ

  6. 『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

  7. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  8. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  9. 8bit風アクションADV『アスタロン: 地球の涙』かわいいキャラの冒険を描くゲームプレイトレイラー!

  10. ハクスラARPG『Warhammer: Chaosbane』予約者向け第2回ベータを4月24日まで実施中―新トレイラーも公開

アクセスランキングをもっと見る

1
page top