Michael Pachter: Bungieの新作フランチャイズは1000万本以上売れる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Michael Pachter: Bungieの新作フランチャイズは1000万本以上売れる

海外ゲーム業界を驚かせたActivisionとBungieのパートナーシップですが、WedbushのアナリストMichael Pachter氏は、Bungieの新作フランチャイズが今後10年間で1000万本売れると予想しています。

ニュース 最新ニュース
海外ゲーム業界を驚かせたActivisionとBungieのパートナーシップですが、WedbushのアナリストMichael Pachter氏がこの契約に関して自身の見解を述べています。

同氏が海外サイトGamasutraに語った内容によると、今回の発表は一般的な販売契約とは異なるパートナーシップだといい、Bungieの新作ゲームが生み出す利益のうち、Activisionのマージンは通常の10%よりも多い15〜20%にも及ぶ可能性があると指摘。

また、マルチプラットフォームになるBungieの次回作についても言及。Haloと同規模のフランチャイズとして既に開発が進められており、2011年から毎年2年おきに複数の続編やスピンオフを発売、少なくとも1000万本売れると大胆な予想をしています。

一方で、Activisionの主力は今後もCall of Dutyシリーズに変わりないと同氏。Call of Dutyを購入した大部分のユーザーはInfinity Wardの名前すら知らないと指摘し、現在問題になっている開発スタジオとのトラブルが今後のセールスに大きな影響を及ぼさないと分析しているようです。(ソース: Gamasutra: Analyst: 'Well Along' Bungie Title Won't Devalue Call Of Duty Brand)


【関連記事】
ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに
EA、Activision、Bethesda… Bungieのネクストプロジェクトを買うのは?
Bungie開発者: 10年後に別のHalo作品を作るかもしれない
Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?
IWを去った元開発者が続々とRespawnへ。Activisionからは問題発言も…?
「Infinity Wardはもう死んでいる」−インサイダー情報
アナリスト: スタッフが抜けてもInfinity Wardはヒット作を生み出せる
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

    スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  2. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

    『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  3. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  4. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  5. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  6. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  7. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

  8. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  9. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  10. あの体験がいつでも!基本無料『Call of Duty: Mobile』発表―バトロワ搭載も示唆

アクセスランキングをもっと見る

1
page top