Kotick社長がIW幹部の解雇についてコメント「他に選択肢がなかった」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kotick社長がIW幹部の解雇についてコメント「他に選択肢がなかった」

ActivisionがInfinity Ward共同設立者を解雇したことは、結果的に複数の訴訟問題やライバル企業への人材流出という事態を引き起こしましたが、この件についてActivision社長Bobby Kotick氏が初めて公にコメントしました。

ニュース 最新ニュース
ActivisionがInfinity Ward共同設立者であるJason West氏とVince Zampella氏を解雇したことは、結果的に複数の訴訟問題やライバル企業への人材流出という事態を引き起こしましたが、この件についてActivision CEOのBobby Kotick氏が初めて公にコメントしました。

「二人の幹部を処分をするのはたやすい決断ではなかった」「彼らからボーナスを奪う名目ではなかった」などと振り返るKotick氏。解雇の理由について、企業の資産や株主の利益を守るため他に選択肢がなかったと説明。

また同氏は、「個人的に、(West氏とZampella氏を)友人だと思っていた」とも話しており、幹部二人の取った行為よって友情が傷ついたのには失望させられたのだとか。

一方、心配されるInfinity Wardの今後については、合計で35名のスタッフがスタジオを去り、さらに何人かの退社が予想されると打ち明けたものの、才能とやる気のあるスタッフがまだ在籍しており、再雇用も進めているとのこと。同スタジオが予定通りModern Warfare 2のDLCCall of Duty未発表タイトルの開発を続けていくとし、以下のように締めくくっています。

「フラストレーションはありますが、Activisionはビデオゲーム業界の開発人材においてまだトップの位置にいます。」(ソース: Gamasutra: Kotick: 'No Gray Area' In IW Firings, Decision Not Bonus-Related)


【関連記事】
Infinity Ward集団離脱: 4名がRespawn、移籍者は合計16名に
Michael Pachter: Bungieの新作フランチャイズは1000万本以上売れる
ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに
Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?
IWを去った元開発者が続々とRespawnへ。Activisionからは問題発言も…?
EA、Infinity Ward元幹部が指揮する新スタジオの設立を発表
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『アトリエ』シリーズの「黄昏」三部作DX版がPS4/スイッチ/Steam向けに発売決定!

    『アトリエ』シリーズの「黄昏」三部作DX版がPS4/スイッチ/Steam向けに発売決定!

  2. 『仁王2』オープンβ体験版が11月1日~10日に配信決定!新ステージ&新妖怪が登場

    『仁王2』オープンβ体験版が11月1日~10日に配信決定!新ステージ&新妖怪が登場

  3. 『侍道』シリーズ外伝作品『侍道外伝 KATANAKAMI』発表!スパイク・チュンソフト×アクワイアが再び“侍の生き様”を描く

    『侍道』シリーズ外伝作品『侍道外伝 KATANAKAMI』発表!スパイク・チュンソフト×アクワイアが再び“侍の生き様”を描く

  4. 『テイルズ オブ アライズ』新キャラクターの後ろ姿も…!TGS2019ステージ特別映像公開!

  5. 「日本ゲーム大賞2019」フューチャー部門の受賞作品が決定!『サイバーパンク2077』『DEATH STRANDING』など11作品【TGS2019】

  6. 『ヴァンブレイス:コールドソウル』開発インタビュー!未経験から始まったスタジオの軌跡【TGS2019】

  7. 『Don't Starve』開発元の新作アツアツパルクールACT『Hot Lava』9月19日にリリース―床は溶岩!踏んだらアウト!

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 台湾産の現代アニメ風爽快ACT『Dusk Diver 酉閃町』プレイレポ!台湾探索と爽快アクションが絶妙【TGS2019】

  10. Discord、「Nitro」におけるゲームサブスクリプションサービスを10月15日で終了

アクセスランキングをもっと見る

page top