カプコン、『ストリートファイター』の新たな実写映画化プロジェクトを計画中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコン、『ストリートファイター』の新たな実写映画化プロジェクトを計画中

昨年日本でも公開されたハリウッド映画『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』は、海外で酷評を受けたことで知られますが、カプコンは早くも次なるストリートファイターの映画化を目論んでいるようです。

ニュース 最新ニュース
昨年日本でも公開されたハリウッド映画『ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』は、海外のレビュー集計サイトでワースト作品に選ばれるなど酷評を受けたことで知られますが、カプコンは早くも次なるストリートファイターの実写映画化を目論んでいるようです。

同社の海外マーケティング担当Christian Svensson氏がGamerLive.TVのインタビューで伝えたところによれば、将来ファンを興奮させるクレバーなストリートファイターの実写ものを見ることになるだろうとのこと。同氏は、ストリートファイターの映画化や映像化がまだ完結しておらず、次こそは、という思いで新たなプロジェクトに取り組んでいると付け加えています。

果たして次回はストリートファイターがどのような作品となってスクリーンに帰ってくるのか、恐る恐る続報を待ちたいところです。(ソース: GamerLive.TV via Kotaku)


【関連記事】
『ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』が2009年のワーストレビュー映画に選ばれる
映画『Street Fighter: Legend of Chun-Li』さらなる出演キャストが明らかに
新作ハリウッド映画『Street Fighter』主役のチュン・リーを演じる女優が決定!
『Heavy Rain』のハリウッド映画化に進展、映画化権が落札間近
『最も酷いハリウッド映画原作ゲーム』TOP5
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. ライアットゲームズが『VALORANT』を模倣したとして中国企業「NetEase」を提訴―具体的な模倣デザインも明かされる

    ライアットゲームズが『VALORANT』を模倣したとして中国企業「NetEase」を提訴―具体的な模倣デザインも明かされる

  2. 『デススト』『アーマード・コア』新作も!「The Game Awards 2022」発表内容ひとまとめ

    『デススト』『アーマード・コア』新作も!「The Game Awards 2022」発表内容ひとまとめ

  3. 今年のGOTYは『ELDEN RING』!その他「The Game Awards 2022」受賞作品もひとまとめ【TGA2022】

    今年のGOTYは『ELDEN RING』!その他「The Game Awards 2022」受賞作品もひとまとめ【TGA2022】

  4. 『スト6』予約開始記念!名作ACT『Capcom Arcade Stadium:ファイナルファイト』を2022年12月12日まで期間限定で無料配布中

  5. 『デススト』続編!小島監督新作『DEATH STRANDING 2』PS5向けで発表―トレイラーに隠されたヒントとは【TGA2022】

  6. 米連邦取引委員会がマイクロソフトのアクティビジョン・ブリザード買収差し止め求め提訴―『Starfield』等根拠に

  7. 果たして今後はどうなる?「まだ『ELDEN RING』でやりたいことはある」GOTY受賞の宮崎英高氏が語る

  8. ハクスラARPGの金字塔『ディアブロ IV』2023年6月6日発売決定!予約受付も開始【TGA2022】

  9. 日本で買えないSteam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも、対策される

  10. トランスフォーマーとなって大暴れ!『Transformers: Reactivate』発表―4人オンラインプレイに対応した新作アクション【TGA2022】

アクセスランキングをもっと見る

page top