協力プレイに対応!ディアブロ風アクションRPG続編『Torchlight II』がアナウンス | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

協力プレイに対応!ディアブロ風アクションRPG続編『Torchlight II』がアナウンス

昨年10月にデジタル形式でリリースされ、今年5月の時点で販売数が50万本を突破したディアブロ風アクションRPG Torchlight。シアトルに拠点を置く開発元のRunic Gamesは、協力プレイ等の新要素を搭載したTorchlight IIをアナウンスしました。

PC Windows
昨年10月にデジタル形式でリリースされ、今年5月の時点で販売数が50万本を突破しているディアブロ風アクションRPG Torchlight。シアトルに拠点を置く開発元のRunic Gamesは、協力プレイ等の新要素を搭載したTorchlight IIをアナウンスしました。

前作の海外レビューで唯一の欠点として挙げられていたマルチプレイモードの存在ですが、今作ではローカルエリアネットワークの他、ピアツーピア方式でインターネットプレイも可能に。付属するエディターで作成したModを共有することで、Modを使用した協力プレイも可能となるようです。

前作同様、ランダム生成のダンジョンを特徴としている他、天候や時間サイクルといった概念も搭載。クラス数は前作の3つから4つへと増え、プレイヤーと共に戦う動物キャラクターを引き連れて行くことも出来るそうです。その他、キャラクターのレベルが一定数に達すると“引退”が可能となり、一部の要素を新キャラクターに引き継げるといった新機能もあるようです。

本作は2011年春にデジタル形式で発売が予定されています。(ソース: Torchlight2 via Destructoid)

【関連記事】
『Torchlight』MMOプロジェクトの初公開ディテールが海外誌に掲載
『Torchlight』が50万本のセールス、スタジオ買収でMMO化の可能性も?
海外レビューハイスコア 『Torchlight』
PAX 09: コミック調アクションRPG『Torchlight』トレイラー&スクリーンショット
《Round.D》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. リメイク版『Dead Space』はロード画面がない「1つの世界」として石村を探索可能!開発チームが開発秘話を公開

    リメイク版『Dead Space』はロード画面がない「1つの世界」として石村を探索可能!開発チームが開発秘話を公開

  2. 悪夢のグロテスクホラーADV『Scorn』予定より1週間早い10月14日リリース!2014年開発スタートから延期を乗り越え前倒し発売

    悪夢のグロテスクホラーADV『Scorn』予定より1週間早い10月14日リリース!2014年開発スタートから延期を乗り越え前倒し発売

  3. 悪夢のグロテスクホラーADV『Scorn』8分間にわたるプロローグの最新ゲーム映像!

    悪夢のグロテスクホラーADV『Scorn』8分間にわたるプロローグの最新ゲーム映像!

  4. 『オーバーウォッチ2』新規アカウントで初代の全ヒーローを解放するには約100試合必要と長い道のり

  5. 『サイバーパンク2077』が売上2,000万本突破!ナイトシティに吹いた「新しく、懐かしい風」

  6. 無料で遊べる“精神拷問装置”!嫌がらせ謎解きADV『Crypt』Steam版リリース

  7. バグだらけな『ポケモン』風RPG『Procemon: You Must Catch Them』リリース―ランダム生成されたモンスターをゲットだぜ!

  8. ウクライナ侵攻での実際の出来事と証言に基づく完全無料ADV『Ukraine War Stories』は現地10月18日配信

  9. 荒廃したロシアの国境地帯で生き残るシングルFPS『Road to Vostok』Steamでパブリックデモ配信開始

  10. 全力では怖すぎてリリースできない!?中国風謎解きホラーADV『紙装束3鴛鴦債』配信開始―過去作もSteamレビューで非常に好評

アクセスランキングをもっと見る

page top