Bungie、Activision新規IPのために独自のゲームエンジンを開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bungie、Activision新規IPのために独自のゲームエンジンを開発中

PC Windows

Activisionと10年間の販売契約を結び、マルチプラットフォームの新規フランチャイズ開発を発表したBungieですが、その新作では全く新しいゲームエンジンを採用するそうです。

同スタジオのコミュニケーションマネージャーであるBrian Jarrard氏がDevelopのインタビューで語ったところによれば、新エンジンの開発は既に始まっており、現在は試作段階の最終ステージにあるとのこと。

180名ものスタッフが在籍するというBungieですが、Halo: Reachの開発が完了したことで、いよいよチーム全体が本格的に新プロジェクトに取り組むことになるようです。(ソース: Develop: Bungie building new engine for Activision project)


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
Activisoion、Bungie新作マルチプラットフォームタイトルの本格始動を報告
Activision: Bungieの完全新作はXbox 360、PS3、PC向けに発売
噂: Bungieの次期新作タイトルはアクションRPGに?
Bungie、マルチプラットフォーム新作がE3で公開の噂を否定
Bungie、PS3プラットフォームでの開発に自信のコメント
Bungieのマルチプラットフォーム新作はE3で公開の可能性も
ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. バトルロイヤルゲーム『PUBG』Month 2アップデートのパッチノート公開!―近日配信予定

    バトルロイヤルゲーム『PUBG』Month 2アップデートのパッチノート公開!―近日配信予定

  2. 『PUBG』新型バイク映像―空中制御追加で大回転スタントも!

    『PUBG』新型バイク映像―空中制御追加で大回転スタントも!

  3. 『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

    『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

  4. 1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

  5. Bungie続編『Destiny 2』に「グリモアカード」は非搭載

  6. 『PUBG』追加武器はロシア製狙撃銃「VSS」!治療モーションも

  7. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  8. 『PUBG』新マップ2つの詳細判明―旧ユーゴ領土/砂漠の都市が舞台に

  9. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  10. 一人称視点ダンジョンクローラー『Monomyth』Steam Greenlightトレイラーが公開

アクセスランキングをもっと見る

page top