海外レビューハイスコア 『Castlevania: Lords of Shadow』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Castlevania: Lords of Shadow』

海外では10月5日に発売を迎えるCastlevania: Lords of Shadowの海外レビューハイスコアです。小島プロダクションとスペインのデベロッパーMercurySteamによるタッグ作品となる本作、レビューサイトの平均スコアは現在80点台の高得点をキープしています。

家庭用ゲーム Xbox360



Xbox World 360 Magazine UK: 9.2/10
Castlevania: Lords of Shadowは絶対的な強さを持ち合わせたゲームです。40以上のレベルには25時間のゲームプレイがあり、それは近年流行の8時間のキャンペーンに対して驚愕のボリュームです。またゲームは丁度25時間という訳ではなく、無駄のないプレイで25時間です。
長所: 適度に内容の充実したアドベンチャー。絶え間ない新アイデア
短所: 微妙なフレームレート

Game Informer: 9/10
Castlevania: Lords of Shadowに対する私のドキドキは、不安によって抑えられていました。それというのもCastlevania 64以来、フランチャイズにとって3Dは禁句だったのです。今回、私が期待していたKojima ProductionsとMercurySteamのコラボレーションは、このシリーズに存在していた3次元の悪魔を打ち倒しました。この功績はソニー最大のヒット作より最高の要素を吸収する事によって成し遂げられたと言えるでしょう。フランケンシュタインのモンスターはGod of Warの戦闘から、Shadow of the Colossusのボス戦、そしてUncharted 2がプラットフォーマーです。

3DJuegos: 8.8/10
Lords of Shadowはフランチャイズの前方への大きな飛躍である。西洋風で特徴的なIPのゲームプレイは、素晴らしいプロダクションバリュー且つ非情で激しく洗練されている。

GameTrailers: 7.9/10

IGN: 7.5/10
コナミはCastlevania: Lords of Shadowを25周年の旧作フランチャイズのリブートと説明しますが、私は本作を“Castlevania”の名を借りた関係の無いゲームと言えるでしょう。今作にはシリーズに期待するような共通したゲームプレイ要素は無く、お馴染みのキャラクターや聞き覚えのある音楽も含まれてはいません。唯一わずかな繋がりとしては、ヴァンパイアや狼男、スケルトンの存在が挙げられるでしょう。戦闘に重きを置いたこのアクションアドベンチャーゲームには、実際にCastlevaniaよりもGod of Warに近いものが多く見られます。本作には確かに楽しさがあり、時にはそれが非常に魅力的。しかし、Castlevaniaファンは蚊帳の外に置かれるかもしれません。

本作の最も大きな要素として、まばゆい程の景色と風景デザインの存在です。それぞれのレベルはハッキリと異なる見た目と建築スタイルを特徴として、プレイヤーの目が決して退屈しないことを確実としています。

このゲームがあなたのツボを捉えるならば、ここに良い知らせがあります。本作は信じられないほどにプレイ時間の長いゲームです。12のレベルはそれぞれ8つ、9つのレベルに分けられ、終わりを迎えるのには15〜20時間を要する事でしょう。

演出: 7.5/10
グラフィック: 8.5/10
サウンド: 7.5/10
ゲームプレイ: 7.5/10
持続性: 8/10

GameSpot: 7.5/10
長所: 美しきゲーム。核となる戦闘メカニックスは素晴らしい。称賛に値する音楽と声優。短所: 幾つかの問題を引き起こす固定カメラ。幾つかの謎解きは、こじつけのようで面白くない。ゲームの多くの部分は派生的。重要キャラクターへの注目を失ったストーリー。



* * * * * * *

海外では10月5日に発売を迎えるCastlevania: Lords of Shadowの海外レビューハイスコアです。メタルギアソリッドシリーズでお馴染みの小島プロダクションと、スペインのデベロッパーMercurySteamによるタッグ作品となる本作、レビューサイトの平均スコアは現在、両機種版共に80点台の高得点をキープしています。



パトリック・スチュワートや、ロバート・カーライルを初めとした豪華声優陣が参加した本作、そのボイスアクティングに対しては複数のサイトから賞賛する声が上がっています。またプレイ時間が長いことも評価の一つとなり、IGNでは持続性に8.0のスコアを与え、“多くのリプレイバリューを備えた膨大なゲーム”と表現。クリアしたステージのリプレイ要素も大きな特徴で、キャラクターのアップグレード後に障害物を突破して新たな道をひらく、といった事も重要となるようです。

GameSpotやIGNでも指摘されている固定カメラについては、良く動作しているとするも、隠しアイテムなどを探す楽しみがない、といったような自由度の面に関して指摘する声も。

見た目の異なる50種類のステージ、20時間以上のゲームプレイとボリューム感たっぷりの本作、発売後には本編エンディング後のストーリーを描くDLCの配信も計画されています。国内では12月16日発売予定です。(ソース: Metacritic(XBOX 360) , Metacritic(PS3))


【関連記事】
『Castlevania: Lords of Shadow』の魅力を余すところなく紹介したプレビュー映像
OPMとOXMに『Castlevania: Lords of Shadow』の初レビューが掲載
『Castlevania: Lords of Shadow』のデモが欧州PSN+会員向けに先行配信
TGS 10: コナミ、『Castlevania: Lords of Shadow』の発売日を発表、小島秀夫氏編集のトレイラーも公開
TGS 10: カプコン、『Dead Rising 2』の開発スタジオBlue Castleを買収
ステージは全50種類!『Castlevania: Lords of Shadow』の最新トレイラー映像
『Castlevania: Lords of Shadow』のファイナルボックスアートが公開
《Round.D》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『聖剣伝説』開発スタッフらの新作『PROJECT-TRITRI』発表!スイッチ/PS5/PS4対応―タイトルロゴには「聖」の字も…

    『聖剣伝説』開発スタッフらの新作『PROJECT-TRITRI』発表!スイッチ/PS5/PS4対応―タイトルロゴには「聖」の字も…

  2. 延期していた世界滅亡後サバイバル『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』の国内版発売日が決定!

    延期していた世界滅亡後サバイバル『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』の国内版発売日が決定!

  3. 畑でゾンビを栽培できる自給自足サバイバルACT『DEADCRAFT(デッドクラフト)』配信開始!

    畑でゾンビを栽培できる自給自足サバイバルACT『DEADCRAFT(デッドクラフト)』配信開始!

  4. 『ワンダーランズ』DLC第2弾「くいしん坊!断罪」リリース―複数の調整を含むアップデートも配信

  5. コズミックホラーアクションRPG『DOLMEN(ドルメン)』発売!数多の困難が待つ惑星で生き残れ

  6. 『スカイリム AE』待望のスイッチ版登場か?台湾のレイティング機関のリストにて見つかる

  7. 新生PS Plusではクラシック作品にもトロフィーが?PS1『サイフォンフィルター』のトロフィー対応が明らかに

  8. PS向けにも大復活!巨大ロボシム『MechWarrior 5』PS4/PS5版が海外で9月23日発売決定

  9. 「PS5」の販売情報まとめ【5月20日】―「ビックカメラ.com」の抽選締切が目前! 希望者はお早めに─他3件の受付が展開中

  10. ハリポタオープンワールドARPG『ホグワーツ・レガシー』の世界を堪能する4K ASMR映像が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top