海外レビューひとまとめ 『Medal of Honor』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューひとまとめ 『Medal of Honor』

PC Windows


Eurogamer Italy: 9/10
Medal of Honorの帰還は成功だ。ゲームは本当に良く見えて、プレイは更に良い。シングルプレイヤーキャンペーンは短いが本当に激しい。マルチプレイヤーはModern Warfare 2よりもアーケード色の少ないゲームを探している人々に多くの楽しくて素晴らしいチャレンジを与える。

GameTrailers: 8.1/10
長い間行方不明だったフランチャイズの割に、Medal of Honorは多くの将来性を示すしっかりとした再起動だ。ジャンルの基本理念はなんとか守っているが、飾り付けが少ない。アプローチに尖ったものがないため、他のミリタリーシューターが非常に素晴らしく見える。題材へのリスペクトは感じられるものの、ミリタリーマニアを少々真正面から狙いすぎた。あなたは目標に向かって順番に色を塗っていくように感じると思うが、間を埋める繋ぎを探しているならうってつけだ。

ストーリー: 6.5/10
デザイン: 8.4/10
ゲームプレイ: 8.1/10
演出: 8.0/10

1UP: 7.5/10
全体的にはしっかりしたタイトルに見えるが、物語・キャンペーンの長さ・特徴に関わらず重さが欠けた、クオリティの高い娯楽。

GameSpot: 7.5/10
Medal of Honorは少々の欠点を気にかけない人々に、密着力のあるキャンペーンと猛烈なマルチプレイヤー対戦を提供します。

■長所
 ・良いペースのキャンペーン
 ・没入型の対話
 ・緊張感のあるマルチプレイヤーアクション
 
■短所
 ・高圧的にキャンペーンをスクリプトにすること
 ・非常に非現実的な敵AI
 ・いくつかの不調和なカットシーン
 ・マルチプレーヤーの急な学習曲線

IGN: 6/10
Danger Closeはアメリカ人でも意見が分かれるディープな戦争に関する経験を提供することに執着した。プレイヤーがよりディープで魅力的なマルチプレイヤーへと移動した後、恐らくその内容に関する論争は更に刺激されるだろう。Medal of Honorは2010年最も期待はずれだったゲームの一つ。

GameSpy: 6/10
私達が得るものは“Battlefield Warfare”と呼ばれる混合物です。確かに面白い混合物ですが、既視感は否めない。

■長所
 ・しっかりとした様々なミッションを備えたキャンペーン
 ・スライドおよびリーンコントロールは上手く動作する。
 ・素晴らしい対話
 
■短所
 ・短いキャンペーンの一流には届かないグラフィックス
 ・マルチプレイヤーは不慣れな人には面白くない。
* * * * * * *

ローンチトレイラー

10月12日に発売となったMedal of Honorの海外レビューひとまとめです。長年に渡るシリーズの最新作となる本作ですが、評価はあまり良いものではありませんでした。点数に上下の差はあるものの、高い点数を付けたレビュアーからも幾つかの問題点が指摘されています。

ゲームとしてはそれなりのレベルに達しているようですが、久々のMedal of Honor新作という事で期待度が高まっていただけに失望感が大きくなってしまったのかもしれません。


ちなみに発売直前に続々と公開されたこれらの海外レビューはElectronic Artsの株価にも影響を与えたようで、10月12日NASDAQ市場午後の取引では6%の下落となってしまいました。

過去作品スクリーンショット集

かつてはミリタリーFPSの代名詞とも言われたMedal of Honor。今回の再デビューは華々しいものではありませんでしたが、今後も前線で戦い続けて欲しいものです。
(ソース:Metacritic, ビデオ: YouTube 1, 2)


【関連記事】
たっぷり1時間!『Medal of Honor』のコメンタリー付きゲームプレイ映像
P90を使用した『Medal of Honor』のマルチプレイモード最新フッテージ
敵の銃座を制圧する『Medal of Honor』最新トレイラー、PC版のオープンベータも開始
EA、懸念を受け『Medal of Honor』マルチプレイのタリバン兵を名称変更
『Medal of Honor』のTVCM映像が公開、本作の音楽を担当する作曲家も明らかに
《RIKUSYO》

特集

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

    オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

  2. 復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

    復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

  3. オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

    オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

  4. Android NがPCで動くゲームプラットフォーム「BlueStacks +N」がオープンベータテスト開始

  5. 『PUBG』パルス調整を目的としたテストサーバのアップデート―新チートパターンも発見

  6. GOGにて残虐カーアクション『Carmageddon TDR 2000』が48時間限定無料配布!【UPDATE2】

  7. あの名作RTSが現代に蘇る!『Age of Empires: Definitive Edition』発売日決定

  8. カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

  9. Crytek新作『Hunt: Showdown』アルファテスト開始日決定!2018年1月末より

  10. 期待の経営シム新作『Rise of Industry』が2月に早期アクセス開始!―ビジネスを拡大せよ

アクセスランキングをもっと見る

page top