MS、『Halo: CE』などクラシックXboxタイトルのHDリメイクについて言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

MS、『Halo: CE』などクラシックXboxタイトルのHDリメイクについて言及

先日、一部サイトで報じられたHaloのHDリメイクの噂。「Halo: Combat EvolvedのHD版を2011年3月までに発売する」とも言われていますが、このニュースに呼応して、海外サイトIGNではMGSのPhil Spencer氏にインタビュー、Halo: CEやHalo 2のようなクラシックXboxタイトル

家庭用ゲーム Xbox360

先日、一部サイトで報じられたHaloのHDリメイクの噂。「今後のHaloを手がける343 Industriesは既にHalo 4を準備」しており、その前に「Halo: Reachのエンジンを使ってHaloの第一章をリメイクする」というアイデアがあり、「Halo: Combat EvolvedのHD版を2011年3月までに発売する」というもの。この計画がGears of War 3の発売延期にも影響している、とさえ言われています。

このニュースに呼応して、海外サイトIGNではMicrosoft Game StudiosのPhil Spencer氏にインタビュー。Halo: CEやHalo 2のようなクラシックXboxタイトルのHDリメイクの可能性について尋ねています。その回答は以下の通りでした。

“私は、それ(HDリメイク)が必ずしもバッド・アイデアだとは思いません。これについては、消費者の視点から考えてみようと思っています。つまり、彼らにとって本当に価値のあるものを、彼らが望む価格で提供できるのか? ということです。我々は未来へ向けた新しいものをたくさん持っており、過去のものをもう一度やり直すというアイデアを、全体的なポートフォリオへ織り込んでいくのは難しいでしょう。”

“もし消費者に本当に価値のあるものを提供できるなら、そこには考える余地があります。しかしそこに多くの時間を費やすことはありません。”


過去の作品にはフォーカスしない、という姿勢を伝えるこのコメント。一方で明確な否定があるわけでもなく、もしMSがHaloのHDリメイクを「消費者にとって本当に価値のあるもの」と考えているなら、可能性も無いこともない、ということでしょうか。(ソース: IGN: Microsoft: HD Remakes Not a Focus, イメージ:deviantART)


【関連記事】




《Kako》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道

    PS4版『PUBG』の存在が韓国ゲームレーティング委員会により判明―海外メディアによる報道

  2. 『カスタムロボ』ディレクターが手がける対戦ロボACT『Synaptic Drive』にはSteam版も―プレイ映像も公開!

    『カスタムロボ』ディレクターが手がける対戦ロボACT『Synaptic Drive』にはSteam版も―プレイ映像も公開!

  3. 『レインボーシックス シージ』カジュアルでもチームキルは30分のBAN―最新アップデートで

    『レインボーシックス シージ』カジュアルでもチームキルは30分のBAN―最新アップデートで

  4. もう一つの地球防衛軍『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』国内向け最新トレイラーが公開!

  5. 『Fallout 76』チームプレイ時のXP配布やアイテム漁りに関する仕様が公式SNSより一部公開

  6. 『CoD:BO4』ベータ終了直前に「Blackout」モードの最大同時参加プレイヤー数が100名へ増加

  7. 『レッド・デッド・リデンプション2』キャラ/ロケーション新情報―厳しい自然に、前作のあのキャラたちも登場【UPDATE】

  8. 『ニンテンドーラボ』をレゴで設計!?海外レゴデザイナーが驚きの映像を公開

  9. 激ムズACT続編『LA-MULANA 2』家庭用ゲーム機版発表!PS4/XB1/スイッチにて2019年春発売予定

  10. 『アサシン クリード オデッセイ』“アレクサ”とアレクシオスが奇跡の融合を果たしたパロディ映像―海外ではゲームでも連携可能

アクセスランキングをもっと見る

page top