当初『人喰いの大鷲トリコ』の主人公は少女だった…”パンチラ”問題で断念 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

当初『人喰いの大鷲トリコ』の主人公は少女だった…”パンチラ”問題で断念

家庭用ゲーム PS3

これまでICOやワンダと巨像を手がけてきた上田文人氏。新作の人喰いの大鷲トリコ(The Last Guardian)について、意外な開発秘話を海外誌PSM3に明かしています。現在はトリコのそばにいる主人公は少年となっていますが、当初のアイデアでは、主人公は少女だったといいます。それが思わぬ問題によって性の変更を余儀なくされたようです。以下上田氏のコメント。

“しかし、最終的に私は、トリコに登るためにもうちょっと握力があった方がいいだろうということで、(主人公を)少年にすることに決めました。もう一つの問題は、少女はスカートを穿く傾向がある、ということです。そして『トリコ』は、たくさんのクライミングを特徴とします……。”


スカート+クライミング=あとは言わずもがな。CVGでは「少女を主人公にするというアイデアは、長年のパンチラ・カメラワーク問題によってダメになってしまった」「パンチラがUedaの夢を粉砕した」とまとめています。厳密に言えば“upskirt”は「パンチラ」というよりは「スカートを覗き見すること」で、プレイヤーがゲーム内で自由にカメラを動かせるようになった頃からの問題となっております……。(ソース: CVG)


【関連記事】




《Kako》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

    『Dying Light』発売から約3年経ってもプレイヤー数は週50万人!

  2. 『レインボーシックス シージ』「アルファパック」PS4版実装日が決定

    『レインボーシックス シージ』「アルファパック」PS4版実装日が決定

  3. 『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ収録の海外ゲームプレイ

    『マーベル VS. カプコン:インフィニット』新キャラ収録の海外ゲームプレイ

  4. 『Destiny 2』オープンベータテスト期間が延長、日本時間7月26日まで実施

  5. 『Crackdown 3』テリー・クルーズ演じる「Jaxon」の姿が明らかに!

  6. 隠しコマンドで真豪鬼が!『ウルトラストリートファイターII』新プレイ映像

  7. 「PS Now」PS4タイトルの配信がスタート、実際のプレイ感は?

  8. 『レインボーシックス シージ』XB1版に「アルファパック」実装!PS4版も近日

  9. 「ニンテンドースイッチ」3月3日発売! 価格は29,980円

  10. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

アクセスランキングをもっと見る

page top