Team NINJA:『NINJA GAIDEN 3』はより多くの人が遊べるようなものになる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Team NINJA:『NINJA GAIDEN 3』はより多くの人が遊べるようなものになる

コーエーテクモのアクションゲーム、NINJA GAIDENシリーズ。最新作となる Ninja Gaiden 3 の制作が昨年明らかになっていますが、Team Ninjaの早矢仕洋介氏が海外サイトEurogamerのインタビューに応え、本作がこれまで以上に“アクセシブル”なものになるとコメントして

家庭用ゲーム Xbox360
コーエーテクモのアクションゲーム、NINJA GAIDENシリーズ。最新作となるNinja Gaiden 3の制作が昨年明らかになっていますが、Team NINJAの早矢仕洋介氏が海外サイトEurogamerのインタビューに応え、本作がこれまで以上に“アクセシブル”なものになるとコメントしています。

氏は、Ninja Gaiden 3が「リュウ・ハヤブサがメインキャラクター」となり、「その時ナンバーワンの3Dアクションゲーム」となることを目標としていると明かし、さらに「“難しさ”からだけでない興奮を提供する」「よりエキサイティングなボス戦」を求めている、と話しています。また、一部の人にとって「難しすぎた」過去作品と比較し、「我々はそれにはフォーカスしていません。しかし興奮を提供することは目指しています」としています。

Ninja Gaiden 3は1や2よりイージーになるのか、という質問に対しては「イージーというわけではないが、より多くの人が遊べるようなもの、より遊びやすいものになるでしょう」「我々はNinja Gaiden 3を、熟練のスキルを持つ人たち向けのみとする計画はありません」と回答しています。

奇しくも、ヴァルハラゲームスタジオの板垣伴信氏も、Devil's Thirdの難易度について触れています。こうしたコメントが出てくるのも、やはり“難易度の高いゲーム”として知られるニンジャガイデンならではでしょうか。

Ninja Gaiden 3はプラットフォーム及び発売時期不明。2011年の初頭に詳細を発表という情報もあり、これから“アクセシブル”な正統ナンバリング最新作の全貌が次第に明らかになるはずです。(ソース: Eurogamer)


※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】




《Kako》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『鳥類弁護士の事件簿』待望の日本ローカライズ!セオリーを打ち破る破天荒さが無罪を勝ち取る?【TGS2022】

    『鳥類弁護士の事件簿』待望の日本ローカライズ!セオリーを打ち破る破天荒さが無罪を勝ち取る?【TGS2022】

  2. スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

    スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

  3. 爆走アーケードレーシング『ONRUSH』がサーバー閉鎖へ―オフラインモードは引き続きプレイ可能

    爆走アーケードレーシング『ONRUSH』がサーバー閉鎖へ―オフラインモードは引き続きプレイ可能

  4. 薬剤師ライフシムRPG『Potion Permit』コンソール向け国内版が発売延期―9月22日から2022年中へ

  5. 『スーパーマリオブラザーズ“5”』!?海外ユーザーが『スーパーマリオメーカー 2』で大規模なマリオの世界を制作

  6. 『スプラトゥーン3』の連動アプリ「イカリング3」がウィジェット機能に対応!「ステージスケジュール」などが一目でわかる

  7. 『LET IT DIE』の未来世界舞台の基本無料対戦サバイバルACT『DEATHVERSE: LET IT DIE』PS5/PS4版サービス開始!非人道なTV番組に参加し栄光をつかめ

  8. 『スプラトゥーン3』初のフェスは「道具」陣営が勝利!フウカも「ようやってくれはったね!」と上機嫌

  9. 『ゼルダの伝説 夢をみる島』原作の小ネタ&裏技は残ってるの? 気になるところを検証してみた

  10. PS5とDualSenseを徹底チェック!サイズは?接続端子は?色々と調べてみました

アクセスランキングをもっと見る

page top