今後注目のUDK作品『Chivalry: Medieval Warfare』と『Execute』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今後注目のUDK作品『Chivalry: Medieval Warfare』と『Execute』

PC Windows


今回ご紹介するのはEpic Gamesの無料開発キットUnreal Development Kit(UDK)で制作されているChivalry: Medieval WarfareExecuteです。Chivalry: Medieval Warfareは中世を舞台にした一人称視点の近接アクション、Executeはキャラクターの行動をプログラミングして戦わせるSci-Fiテーマのゲームとなっています。

Chivalry: Medieval Warfare

開発はTorn Banner Studiosで、本作は元々Half-Life 2のModとして制作されていました(その時の名前はAge of Chivalry)。前述のとおり中世が舞台で、剣や盾の他、メイスやロングボウといった武器での近接戦闘が楽しめるようです。公式サイトはこちら。今のところリリース日や価格は未定。

Execute

こちらはDigital Arts and Entertainmentの学生9人による卒業プロジェクト。ロボットの行動を最大5ステップでプログラミングし、多数のガードを避けつつゴールへ導くというパズルゲームとなっています。リリース日は未定ですが、いずれテストバージョンを公開し、その後新しいレベルを備えたゲームの開発を続ける予定との事。

続々と登場するアイデアと才能に溢れたUDK作品。Epicの最新エンジンに触れられるUDKによって、世界各地に存在するゲームクリエイターの種が次々と芽を出していますね。
(ソース&イメージ: Big Download Blog 1, 2)


【関連記事】
GDC 11: サメが怖い!海洋アクション『Depth: Aquatic Stealth』最新トレイラー
ティラノサウルスが襲いかかる!『Primal Carnage』最新ゲームプレイ映像
UDKがiOSに正式対応、最新トレイラーやチュートリアル映像が公開
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

    Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

  2. PC版『PUBG』に70~80年代テーマの新衣装がまもなく登場! オシャレでもドン勝

    PC版『PUBG』に70~80年代テーマの新衣装がまもなく登場! オシャレでもドン勝

  3. 『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

    『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

  4. 『PUBG』チート対策への今後の取組を発表―Steamファミリーシェア機能の停止なども告知

  5. Steam版『世界一長い5分間』配信!物語はラスボス「魔王」の目の前から始まる

  6. 2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

  7. 『レインボーシックス シージ』ディレクター、ルートボックスについて語る―「私たちは貪欲であるとは思わない」

  8. 『レインボーシックス シージ アドバンスエディション』販売店別特典が決定―先行販売されていたグッズも予約開始

  9. VRゲーム『Sacred Four』がリリース―鎖に繋がれた神剣で巨大な敵を打ち倒せ

  10. PC版『PUBG』テストサーバー更新!Pingでのマッチング調整も近日実装予定―新マップにも言及

アクセスランキングをもっと見る

page top