噂: Xbox 360の“最新ディスクフォーマット”は容量が14〜15%増加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: Xbox 360の“最新ディスクフォーマット”は容量が14〜15%増加

Microsoftがパブリックベータテストの実施を発表した“最新のXbox 360ディスクフォーマット”ですが、EurogamerのDigitalFoundryが上位に位置する開発者ソースから確認した情報によると、既存のゲームディスク用ストレージに約1GBの容量を追加するものとなるそうです。

家庭用ゲーム Xbox360
Microsoftがパブリックベータテストの実施を発表した“最新のXbox 360ディスクフォーマット”ですが、EurogamerのDigitalFoundryが上位に位置する開発者ソースから確認した情報によると、既存のゲームディスク用ストレージに約1GBの容量を追加するものとなるそうです。

現在のXbox 360のディスクフォーマットは2層のDVDに最大で7.95GBの容量があるそうですが、そのうち1GB以上が違法コピーのセキュリティー領域やビデオコードなどに割り当てられているため、実際のゲームデータとして利用出来るのは6.8GBになるそうです。

ところが今回ベータテストが行われる最新のフォーマットでは、この使用不可だった領域が大幅に軽減または完全に省略され、ゲーム開発者は現在よりも14〜15%増加した容量を利用できるようになるのだとか。

また同サイトは、プレビュープログラムで配布されるHalo: Reachのディスクがこの新フォーマットを採用しており、Samsung、日立、Benqなど様々な種類が存在するDVDドライブに渡ってテストが行われることや、追加されたスペースはデータの読み込みが遅くなる可能性があることなどを推測。

果たしてこれらの情報は真実なのか、Microsoftから公式な情報が届くを待ちましょう。(ソース: Eurogamer: Source: Xbox new disc format gains 1GB)


【関連記事】
Xbox 360次期アップデートのプレビューが開始、新たなディスクフォーマットに対応?
MS幹部: 『Forza』『Halo』『Fable』の続編を今後も投入、E3ではサプライズも
Xbox 360版『Castlevania: Lords Of Shadow』はディスク2枚で発売、オプションも用意
Microsoftが次世代Xboxコンソールの設計開発者を募集
『Halo: Reach』の最新DLC“Defiant Map Pack”が発表
Microsoft、Kinectセンサー認識精度向上の報道を否定
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. スイッチ『スーパーリアル麻雀PVI』23年の時を経て復刻リリース─便利なガイド機能やミニゲーム「搾乳でポン」も搭載

    スイッチ『スーパーリアル麻雀PVI』23年の時を経て復刻リリース─便利なガイド機能やミニゲーム「搾乳でポン」も搭載

  2. アクションRPG『イモータル:アンチェインド』ゲームプレイトレイラー!ハードコアな戦場を戦い抜け

    アクションRPG『イモータル:アンチェインド』ゲームプレイトレイラー!ハードコアな戦場を戦い抜け

  3. PS4/スイッチ版『アサシン クリードIII リマスター』発売開始!各種DLCや『レディ リバティ』も収録

    PS4/スイッチ版『アサシン クリードIII リマスター』発売開始!各種DLCや『レディ リバティ』も収録

  4. ダーク戦国アクションRPG『仁王2』のクローズドアルファが海外で近日実施!プレイシーン収めた映像も

  5. 新感覚VRゲーム音ゲー『Beat Saber』正式版配信開始!PC版にはレベルエディター実装

  6. 『エースコンバット7』DLC第1弾配信開始!ADF-11F「レーベン」がUAVで獲物を喰らうトレイラーも

  7. 『CoD:BO4』最新パッチノート―Black Opsパス所有者がパス未所持のパーティーメンバーにマップアクセス権を付与可能に

  8. かわいいリズムACT『Muse Dash』Steam/ニンテンドースイッチ版が6月20日に発売決定

  9. みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場

  10. 『Apex Legends』新パッチ更新内容が公開―オーディオエンジンの最適化、ジブラルタルのシールド貼り付け修正など

アクセスランキングをもっと見る

1
page top